黄金の20年代:セナゴーがプロコフィエフ、シベリウス 、ヴァイルを指揮

2021年2月20日
オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
トマス・セナゴー

  • セルゲイ・プロコフィエフ
    《3つのオレンジへの恋》組曲 (18分)

  • ジャン・シベリウス
    交響曲第6番二短調 (31分)

  • クルト・ヴァイル
    《マハゴニー市の興亡》組曲(ヴィルヘルム・ブリュックナー=リュッゲベルクによる編曲版) (20分)

1920年代末に書かれたヴァイルのオペラ《マハゴニー市の興亡》は、人間と社会の奈落を私たちに突きつけます。ヴァイルはこの作品で、「現代の生活表現の完全な変化を適切な形で扱った作品」を作りたいと考えていました。ドナルド・ラニクルズの代役としてベルリン・フィルにデビューしたトマス・セナゴーが、ヴァイルのオペラ組曲に加えて、プロコフィエフ《3つのオレンジへの恋》組曲とシベリウスの交響曲第6番を指揮しています。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する