黄金の20年代:セナゴーがプロコフィエフ、シベリウス 、ヴァイルを指揮

1920年代末に書かれたヴァイルのオペラ《マハゴニー市の興亡》は、人間と社会の奈落を私たちに突きつけます。ヴァイルはこの作品で、「現代の生活表現の完全な変化を適切な形で扱った作品」を作りたいと考えていました。ドナルド・ラニクルズの代役としてベルリン・フィルにデビューしたトマス・セナゴーが、ヴァイルのオペラ組曲に加えて、プロコフィエフ《3つのオレンジへの恋》組曲とシベリウスの交響曲第6番を指揮しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

トマス・セナゴー

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー