アーカイブ

演奏会が8本見つかりました: シュテファン・ドール

  • ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会

    ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会

    無料映像!恒例のブンデスユーゲント管が、ゼバスティアン・ヴァイグレの指揮でフィルハーモニーに客演しました。今回は、R・シュトラウスの《ドン・キホーテ》という大曲での登場。シューマンの4本のホルンのためのコンツェルトシュテュックも含めて、ベルリン・フィルの奏者がソロを務めます。若者たちの清新な演奏をぜひお楽しみください。

    2016年4月5日
    ベルリン・フィル招聘公演

    ブンデスユーゲント管弦楽団
    セバスティアン・ヴァイグレ

    シュテファン・ドール, シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキー, サラ・ウィリス, アンドレイ・ズスト, テレサ・シュヴァム, ルートヴィヒ・クヴァント

    • 無料映像

      マヌエル・デ・ファリャ
      バレエ音楽《三角帽子》組曲第1番、第2番

    • 無料映像

      ローベルト・シューマン
      4本のホルンのためのコンツェルトシュトュックヘ長調

      シュテファン・ドールホルン), シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキーホルン), サラ・ウィリスホルン), アンドレイ・ズストホルン

    • 無料映像

      コンスエロ・ベラスケス
      《ベサメ・ムーチョ》

      シュテファン・ドールホルン), シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキーホルン), サラ・ウィリスホルン), アンドレイ・ズストホルン

    • 無料映像

      リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・キホーテ》

      テレサ・シュヴァムヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ

    • 無料映像

      エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
      《王子と乞食》より第12曲〈戦い〉

      パトリック・ルス編曲

    ベルリン・フィル招聘!ブンデスユーゲント管演奏会 コンサートの詳細を見る
  • 第2回レイトナイトのテーマはカプリッチョ=コンチェルト

    第2回レイトナイトのテーマはカプリッチョ=コンチェルト

    通常の演奏会に乗りにくいプロを集めたレイト・ナイトの第2回では、奇想的・狂騒的な作品が並んでいます。ミヨーの《世界の創造》はジャズの雰囲気に溢れ、ストラヴィンスキーの室内オーケストラのための協奏曲《ダンバートン・オークス》は、バロックの様式を取り入れています。またエアーズの《NONcerto》は、ユーモラスな内容を予感させます。シュテファン・ドール(ホルン)の妙技にも注目!

    2016年2月20日
    レイトナイト・コンサート

    ベルリン・フィル団員
    サー・サイモン・ラトル

    シュテファン・ドール

    • ダリウス・ミヨー
      バレエ音楽《世界の創造》

    • リチャード・エアーズ
      ホルンと大アンサンブルのための《NONcerto》

      シュテファン・ドールホルン

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      室内オーケストラのための協奏曲変ホ長調《ダンバートン・オークス》

    • 無料映像

      シュテファン・ドール、リチャード・エアーズの《NONcerto》を語る

    第2回レイトナイトのテーマはカプリッチョ=コンチェルト コンサートの詳細を見る
  • アーティスト・イン・レジデンス:テツラフとベルリン・フィル団員の室内楽

    アーティスト・イン・レジデンス:テツラフとベルリン・フィル団員の室内楽

    2014/15年シーズンのアーティスト・イン・レジデンス、クリスティアン・テツラフがベルリン・フィル団員と共演し、室内楽作品を演奏しています。曲目は、シューベルトとイェルク・ヴィットマンの「八重奏曲」。後者は、シューベルトの作品を意識して書かれた作品です。テツラフとベルリン・フィル団員が、丁々発止のやりとりを繰り広げ、スリリングな音の饗宴を作り上げています。

    2015年3月8日

    ベルリン・フィル団員

    クリスティアン・テツラフ

    • フランツ・シューベルト
      八重奏曲ヘ長調

      クリスティアン・テツラフヴァイオリン・指揮), クリストフ・ホラクヴァイオリン), アミハイ・グロスヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ), マシュー・マクドナルドコントラバス), ヴェンツェル・フックスクラリネット), ダニエーレ・ダミアーノファゴット), シュテファン・ドールHorn

    • イェルク・ヴィットマン
      八重奏曲

      クリスティアン・テツラフViolin), クリストフ・ホラクヴァイオリン), アミハイ・グロスヴィオラ), ルートヴィヒ・クヴァントチェロ), マシュー・マクドナルドコントラバス), ヴェンツェル・フックスクラリネット), ダニエーレ・ダミアーノファゴット), シュテファン・ドールHorn

    アーティスト・イン・レジデンス:テツラフとベルリン・フィル団員の室内楽 コンサートの詳細を見る
  • 2011年アジア・ツアー:台湾でのブルックナー「第9」、細川《開花の時》他

    2011年アジア・ツアー:台湾でのブルックナー「第9」、細川《開花の時》他

    2011年11月のアジア・ツアーより、台湾での公演映像がもう1本アップされることになりました。ここでは、サー・サイモン・ラトルの指揮により、ブルックナー「交響曲第9番、細川俊夫「ホルン協奏曲《開花の時》」、ラヴェル《道化師の朝の歌》が演奏されています。この映像の登場で、来日公演の演目がすべてDCHでご覧になれることになりました。

    2011年11月19日
    From the National Concert Hall, Taipei

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    シュテファン・ドール

    • モーリス・ラヴェル
      《道化師の朝の歌》

    • 細川俊夫
      ホルン協奏曲《開花の時》

      シュテファン・ドールホルン

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第9番ニ短調

    2011年アジア・ツアー:台湾でのブルックナー「第9」、細川《開花の時》他 コンサートの詳細を見る
  • 細川俊夫のホルン協奏曲が、ラトルの指揮で初演!

    細川俊夫のホルン協奏曲が、ラトルの指揮で初演!

    2月中旬の演奏会の大きな話題は、細川俊夫のホルン協奏曲《開花の時》がサー・サイモン・ラトルにより世界初演されたことでした。ベルリン・フィルではこれまでにも日本人の作品を演奏していますが、今回はベルリン・フィル自身による委嘱作品であり、国際的にも大きく注目されるものと言えるでしょう。ソロは、当団のソロ・ホルン奏者シュテファン・ドールが担当します。

    2011年2月12日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    シュテファン・ドール

    • ヨーゼフ・ハイドン
      交響曲第99番

    • 細川俊夫
      ホルン協奏曲《開花の時》(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バービカン・センター、アムステルダム・コンセルトヘボウ委嘱作品)

      シュテファン・ドールホルン

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第8番ハ長調《グレート》

    • 無料映像

      インタビュー/細川俊夫(聞き手:シュテファン・ドール)

    • 無料映像

      インタビュー/シュテファン・ドール(聞き手:サラ・ウィリス)

    細川俊夫のホルン協奏曲が、ラトルの指揮で初演! コンサートの詳細を見る
  • ラトルと内田光子がシューマンのピアノ協奏曲で共演!

    ラトルと内田光子がシューマンのピアノ協奏曲で共演!

    Photo: Monika Rittershaus

    シューマンのピアノ協奏曲は、ピアノ協奏曲のレパートリーのなかでも特に優れたものですが、この曲でサー・サイモン・ラトルと内田光子が共演しました。内田は、かつてからシューマンを積極的に取り上げていますが、この曲でも知性溢れる表現を見せています。

    2009年2月13日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    内田光子

    • ローベルト・シューマン
      4本のホルンのためのコンツェルトシュトュックヘ長調

      シュテファン・ドールホルン), ラデク・バボラクホルン), シュテファン・ドゥ・ルヴァル・イェジエルスキーホルン), サラ・ウィリスホルン

    • ローベルト・シューマン
      ピアノ協奏曲イ短調

      内田光子ピアノ

    • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
      大管弦楽のための1楽章の交響曲(1953年の第2稿)

    • ローベルト・シューマン
      交響曲第4番ニ短調(1841年の初稿版)

    • 無料映像

      インタビュー/内田光子(聞き手:サラ・ウィリス)

    ラトルと内田光子がシューマンのピアノ協奏曲で共演! コンサートの詳細を見る
  • バレンボイムがベルリン・フィルをベルリン国立歌劇場で指揮

    バレンボイムがベルリン・フィルをベルリン国立歌劇場で指揮

    1998年、ベルリン・フィルは初めてベルリン国立歌劇場に客演しました。これは当時3回目を迎えたイースター音楽祭「フェストターゲ」の演奏会で、ベルリン国立歌劇場の音楽総監督で、ベルリン・フィルの長年の「フレンド」であるダニエル・バレンボイムが指揮しています。プログラムで興味深いのは、シューマンの「4つのホルンのためのコンツェルトシュテュック」。シカゴ交響楽団のデイル・クレヴェンジャー、ベルリン・シュターツカペレのイグナシオ・ガルシア、ベルリン・フィルのシュテファン・ドール、ゲオルク・シュレッケンベルガーがソロを務めています。

    1998年4月16日
    ベルリン国立歌劇場

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第8番ヘ長調

    • ローベルト・シューマン
      4つのホルンのためのコンツェルトシュテュックヘ長調

      デイル・クレヴェンジャー, イグナシオ・ガルシア, シュテファン・ドール, ゲオルク・シュレッケンベルガー

    • フランツ・リスト
      交響詩第3番《前奏曲》

    • リヒャルト・ワーグナー
      《ワルキューレの騎行》

    バレンボイムがベルリン・フィルをベルリン国立歌劇場で指揮 コンサートの詳細を見る
  • ジルベスター・コンサート1996のテーマは、ラプソディ&ジプシー

    ジルベスター・コンサート1996のテーマは、ラプソディ&ジプシー

    The Berliner Philharmoniker and Claudio Abbado bid farewell to 1996 in the Philharmonie with a programme full of verve and flavour. The theme of this “fun occasion” (Gramophone) was the world of gypsies and of dance as portrayed for example in Brahms’s Hungarian Dances. Star guest of the evening was violinist Maxim Vengerov, who gave a both emotional and outrageously virtuoso performance of Ravel’s Tzigane.

    1996年12月31日
    ジルベスター・コンサート1996

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クラウディオ・アバド

    スウェーデン放送合唱団, マキシム・ヴェンゲーロフ

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第1&10番

    • ヨハネス・ブラームス
      《ジプシーの歌》作品103より第1曲〈さあ、ジプシーよ〉 第2曲〈高く波立つリマの流れよ〉 第3曲〈知っているかい〉 第4曲〈神様、お分かりですね〉 第9曲〈どこへ行っても〉

      スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ合唱指揮

    • モーリス・ラヴェル
      演奏会用狂詩曲《ツィガーヌ》

      マキシム・ヴェンゲーロフヴァイオリン

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第7番

      マキシム・ヴェンゲーロフヴァイオリン

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第17&21番

    • ヨハネス・ブラームス
      《ハープが豊かに鳴り響く》

      シュテファン・ドールホルン), マリー=ピエール・ラングラメハープ), スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ

    • ヨハネス・ブラームス
      《愛の歌》より抜粋

      スウェーデン放送合唱団, トヌ・カリユステ合唱指揮

    • モーリス・ラヴェル
      管弦楽のための舞踏詩《ラ・ヴァルス》

    • ヨハネス・ブラームス
      ハンガリー舞曲第5番

    • エクトル・ベルリオーズ
      《ファウストの劫罰》より〈ラコッツィ行進曲〉

    ジルベスター・コンサート1996のテーマは、ラプソディ&ジプシー コンサートの詳細を見る