年末年始特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員にK・ペトレンコ指揮の特典DVD+BDをプレゼント!
購入する
バレンボイムがベルリオーズの幻想交響曲を指揮、イベールのフルート協奏曲の独奏はパユ

バレンボイムがベルリオーズの幻想交響曲を指揮、イベールのフルート協奏曲の独奏はパユ

ダニエル・バレンボイムがベルリン・フィルのソロ・フルート奏者、エマニュエル・パユと共演します。ブゾーニの「フルートと管弦楽のためのディヴェルティメント」は、1920年に新古典主義の様式で書かれました。エスプリに富んだ音楽が魅力的なイベールのフルート協奏曲と合わせて、パユが卓越したソロを披露してくれることでしょう。メイン演目は、メイン演目は、ベルリオーズの幻想交響曲です。

コンサートの詳細を見るバレンボイムがベルリオーズの幻想交響曲を指揮、イベールのフルート協奏曲の独奏はパユ

最新のアーカイブ映像

ペトレンコがショスタコーヴィチの交響曲第8番を指揮

ペトレンコがショスタコーヴィチの交響曲第8番を指揮
10月末の交響曲第9番に続き、ベルリン・フィルと首席指揮者のキリル・ペトレンコは、ショスタコーヴィチの交響曲第8番を無観客公演にて上演しました。第2次世界大戦の最中に書かれたこの交響曲は、悲しみと絶望、そして美しさと希望に刻印されています。デジタル・コンサートホールのために自主的に企画されたこの公演は、コンサートホールが閉鎖された時期の架け橋となることを目的に、音楽を愛する世界中の人々に向けられたものです。

最新のアーカイブ映像

ペトレンコがR・シュトラウス、ショスタコーヴィチ、ノーマンを指揮

ペトレンコがR・シュトラウス、ショスタコーヴィチ、ノーマンを指揮
ショスタコーヴィチの交響曲第9番は、同時代の人たちからは表面的で陳腐な作品だと酷評されました。第2次世界大戦末期、この作曲家は戦争の勝利を讃える作品を書くことを期待されていましたが、彼はこれらの主張を退け、この交響曲ではヒロイックな栄光を明確に拒否したのです。R・シュトラウスはほぼ同時期に《メタモルフォーゼン》を書き、戦争の破壊と一つの文化的時代の落日に対する悲しみを音楽で表現しました。首席指揮者のキリル・ペトレンコは、両作曲家の間に深いつながりを感じており、1979年生まれのアンドリュー・ノーマンの新曲にそれらを並置しています。

最新のアーカイブ映像

ファミリー・コンサート《動物の謝肉祭》

ファミリー・コンサート《動物の謝肉祭》
ニワトリの鳴き声、シマウマの走り声、カンガルーの飛び跳ねる声・・・。フランスの作曲家サン=サーンスは、名高い《動物の謝肉祭》で動物の世界を主題にしたカラフルで魅力的な音楽を生み出しました。女優のニーナ・ホス、ピアニストのルーカス&アルトゥール・ユッセンの2人の若き兄弟が、ベルリン・フィル カラヤン・アカデミーのメンバーと共に発見の旅に出ます。前半に奏でられるラヴェルの《マ・メール・ロワ》も、動物の世界を題材に扱った作品。現在カラヤン・アカデミーの奨学生として、キリル・ペトレンコのアシスタントを務めている沖澤のどかの指揮でお楽しみください。

最新のアーカイブ映像

バレンボイムがスメタナ《わが祖国》を指揮

バレンボイムがスメタナ《わが祖国》を指揮
スメタナの《わが祖国》は、チェコ国民主義の代表的なレパートリーと言えます。この作品は5年の期間で書かれた6曲の交響詩からなりますが、一番有名なのは、言わずと知れた《モルダウ》です。しかしスメタナはここで、単に故国の風景だけでなく、その神話や伝説もテーマとしています。ベルリン・フィルの名誉指揮者、ダニエル・バレンボイムがこの傑作を指揮しました。

プレイリスト

ショスタコーヴィチ名作選

2020年秋、キリル・ペトレンコはベルリン・フィルとショスタコーヴィチの交響曲第8番と第9番を短期間の間に演奏し、この作曲家の作品への集中的な取り組みを開始しました。強い表現力と多義性を併せ持つショスタコーヴィチの音楽は、戦争や独裁体制下での個人の生き方を心揺さぶる形で語っています。このプレイリストでは、ショスタコーヴィチの代表的な作品をお聴きいただけます。

プレイリスト

無料プレイリスト:首席指揮者キリル・ペトレンコの世界にようこそ!

2019年8月に行われたキリル・ペトレンコの首席指揮者就任公演をもって、ベルリン・フィルの新時代が始まりました。1972年生まれのペトレンコは、2006年にベルリン・フィルにデビュー。以来、目の覚めるような圧倒的演奏を聴かせ、2015年夏にサー・サイモン・ラトルの後任に選ばれました。この無料プレイリストでは、彼の多彩なレパートリーの中から、ベートーヴェン「第9」、チャイコフスキー「第6」、マーラー「第6」という交響曲の王道ともいえる作品の演奏をご紹介しています。

新着映像アーカイブ

ポートレート:ライナー・ゼーガース

2019年夏、ティンパニ奏者として33年間在籍していたライナー・ゼーガーズが、ベルリン・フィルに別れを告げました。このポートレートでは、ゼーガースが楽器の技術的な特徴や音色の特徴を説明し、ベルリン・フィルとの関係を語っています。彼はまた音楽以外に、もう1つ大きな情熱を持っていることを明かしています。蝶の収集がそれです。

2020/21年シーズンのライブ中継

新型コロナウイルス関連の制限により、2020/21年シーズンのベルリン・フィルのコンサートでは様々なプログラム変更が行われています。デジタル・コンサートホールで現在予定されているすべてのライブ中継の概要をご覧いただけます。