ベルリン・ムジークフェスト:カラヤン・アカデミー奨学生がポッペの作品を上演

ベルリン・ムジークフェスト:カラヤン・アカデミー奨学生がポッペの作品を上演

当演奏会は、財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との共催により、ベルリン・ムジークフェストにより開催されます。

コンサートの詳細を見るベルリン・ムジークフェスト:カラヤン・アカデミー奨学生がポッペの作品を上演

最新のアーカイブ映像

ハーディングが《田園》と《抒情組曲》を指揮

ハーディングが《田園》と《抒情組曲》を指揮
ベルクは自作の「抒情組曲」を「偉大な愛への小さな記念碑」と表現しました。彼はすでに既婚者だったハンナ・フックスへの情熱を音楽的に符号化して、この極めて個人的な標題音楽を作り上げました。後半の演目は、やはり標題音楽であるベートーヴェンの交響曲第6番。鳥の鳴き声や小川のせせらぎなど、ベートーヴェンが自然への愛を表現した当作が、作曲家のメモリアルイヤーに際して、ダニエル・ハーディングの指揮で演奏されました。

最新のアーカイブ映像

ペトレンコとトリフォノフがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

ペトレンコとトリフォノフがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演
ダニール・トリフォノフはこれまでベルリン・フィルと、シューマン、スクリャービン、ラフマニノフなどロマン派&後期ロマン派のピアノ協奏曲を共演してきました。このベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番では、英雄的な意思と夢のような思索が交互に展開され、その魅力を存分に発揮しています。同時に、彼が敬愛していたモーツァルトからの影響も垣間見ることができるでしょう。メンデルスゾーンが15歳の時に書いた交響曲第1番も、やはりモーツァルトから触発された作品。若さを感じさせながら、すでに成熟した作曲家のスタイルへの道筋を指し示しています。

最新のドキュメンタリー

『ベルリン・フィル12人のチェリストたち』

1972年の結成以来、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」は、国際的な音楽シーンにおいて傑出した存在となっています。クラシック音楽、ジャズ、タンゴ、アバンギャルドなど、この12人のチェリストが作り出すユニークで魅惑的な音色は世界中のファンを魅了してきました。エンリケ・サンチェス=ランシュ監督によるこのドキュメンタリー映画は、彼らのアンサンブルとその歴史、個々のメンバーの姿を描いています。

最新のドキュメンタリー

『ベルナルド・ハイティンク わが音楽人生』

1960年代以降、ベルナルド・ハイティンクはクラシック音楽界でもっとも成功を収め、高い人気を誇る音楽家の一人であり続けています。2019年に現役引退を発表するまで、ベルリン・フィルの中心的な首席指揮者としても50年以上にわたって活躍しました。このドキュメンタリー映画では、コンサートやリハーサルの録音風景、そして個人的な会話を通して、ハイティンクの思考世界の洞察へと導いてくれます。

今週のプレイリスト

生誕250年記念!ベートーヴェン交響曲全集

ベルリン・フィルの首席指揮者キリル・ペトレンコは、ベートーヴェンの交響曲第7番と第9番の演奏で、すでに印象深い解釈を披露しています。2020年は作曲家の生誕250年にあたりますが、そのメモリアルイヤーに際して、全9曲の交響曲をプレイリストにしてみました。ペトレンコと彼の2人の前任者に加え、ニコラウス・アーノンクール、クリスティアン・ティーレマン、パーヴォ・ヤルヴィなど、過去数10年にわたって様々なスタイルでベートーヴェンの解釈を形作ってきた指揮者がリストに含まれています。

最新のアーカイブ映像

2020/21年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシェーンベルクとブラームスを指揮

2020/21年シーズン開幕演奏会:ペトレンコがシェーンベルクとブラームスを指揮
首席指揮者キリル・ペトレンコ指揮による2020/21年シーズンのオープニング・コンサートは、19世紀と20世紀を結ぶふたつの傑作で構成されています。ブラームス晩年の憂愁に満ちた交響曲第4番と、シェーンベルクの《浄夜》ですが、シェーンベルクはブラームスより強い影響を受け、後にその作曲理念を彼自身の技法に取り入れています。《浄夜》は、12音音楽を確立する前の後期ロマン派の様式で描かれており、リヒャルト・デーメルの官能的な詩に想を得ています。

最新のアーカイブ映像

メータ指揮によるイスラエル・フィルとの合同コンサート

メータ指揮によるイスラエル・フィルとの合同コンサート
ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2020は、イスラエルのテルアビブで開催される予定でしたが、コロナ禍の影響で中止となりました。今回ご紹介するのは、1990年に行われた楽団史上初となったイスラエル・ツアーからの演奏会です。このツアーの最終公演では、ズービン・メータ指揮のもと、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と合同でベートーヴェンの交響曲第5番などを演奏しました。ベルリン・フィルの歴史に刻まれているコンサートをお聴きください。

2020/21年シーズンへようこそ

ベルリン・フィルは2020/21年シーズンのプラン、およびデジタル・コンサートホールによるライブ中継の予定を発表しました。すべてのコンサートプログラムを今すぐカレンダーでご覧いただけます。