ヤンソンスとトリフォノフがシューマンで共演。後半はブルックナー「第6」

マリス・ヤンソンスが、ブルックナーの交響曲第6番を指揮しました。近年、この作曲家を集中的に取り上げている彼ですが、「第6」はブルックナー通に特に人気のある作品。彼の円熟の表現、オケとの阿吽の呼吸に魅了されます。本作は、ブルックナー自身が「私の最も小生意気な交響曲」と呼んだものですが、ヤンソンスは一種の野趣も感じさせる、独特のワイルドなタッチを聴かせています。また、ダニール・トリフォノフによるシューマンのピアノ協奏曲も聴きもの。タッチの美しさ、和声の綾を解きほぐすような弾き方は、まさに天才のもの。感情の溢れるままに音楽に没頭する姿に、深い感銘を受けます。文字通り渾身の演奏と言えるでしょう。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マリス・ヤンソンス

ダニール・トリフォノフ

コンサート解説

© 2018 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー