ミンコフスキがハイドンとベートーヴェンを指揮

マルク・ミンコフスキの久々のベルリン・フィル登場となるこの演奏会では、プロメテウスがテーマとなっています。プロメテウスは、火を取り上げられた人類に、天界の火を盗んで与えたギリシャ神話の男神で、この行為を怒ったゼウスにより3万年拷問を受けるはめになりました。音楽では、彼の人間に対する英雄的行為と、神々の世界の規範に対抗する反抗性、またヒュブリスが表現されています。ここではそうした作品群から、ハイドンの交響曲第55番《火》と、ベートーヴェン《プロメテウスの創造物》が演奏されました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マルク・ミンコフスキ

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー