特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

ライブ中継

  • クルレンツィスがヴェルディのレクイエムを指揮

    クルレンツィスがヴェルディのレクイエムを指揮

    Photo: Nadia Rosenberg

    テオドール・クルレンツィスがついにベルリン・フィルにデビューを果たします。演目はヴェルディのレクイエム。このオペラ的までにドラマティックなレクイエムからクルレンツィスはどのような音楽を引き出すでしょうか。自らが創設し、芸術監督を務めるムジカエテルナ合唱団が共演します。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    テオドール・クルレンツィス

    ムジカエテルナ合唱団

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      レクイエム

      ザリーナ・アバーエワソプラノ), クレモンティーヌ・マルゲーヌメゾソプラノ), セルゲイ・ロマノフスキーテノール), エフゲニー・ スタヴィンスキーバス), ムジカエテルナ合唱団合唱

    クルレンツィスがヴェルディのレクイエムを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ティーレマンがオール・シュトラウス・プログラムを指揮

    ティーレマンがオール・シュトラウス・プログラムを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    Christian Thielemann, an outstanding interpreter of Strauss, dedicates an entire concert to the composer – with two discoveries and a crowd pleaser. The evening opens with the extremely charming Sonatina for 16 Winds No. 1, followed by the equally sonorous and expressive Three Hymns, op. 71 (soloist: Anja Kampe). The finale of the concert is an instrumental suite from Strauss’s bittersweet opera Der Rosenkavalier: dramatic, melancholic, humorous but always overwhelmingly beautiful.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    クリスティアン・ティーレマン

    アニヤ・カンペ

    • リヒャルト・シュトラウス
      16管楽器のためのソナチネ第1番ヘ長調《傷病兵の仕事場から》

    • リヒャルト・シュトラウス
      ヘルダーリンの詩による3つの讃歌

      アニヤ・カンペソプラノ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ばらの騎士》組曲

    ティーレマンがオール・シュトラウス・プログラムを指揮 コンサートの詳細を見る
  • フルシャがドヴォルザーク、ベルリオーズ、バルトークを指揮

    フルシャがドヴォルザーク、ベルリオーズ、バルトークを指揮

    Photo: Pavel Hejnz

    Jakub Hrůša presents enthralling settings of three dark tales. We experience Shakespeare’s Othello in the gripping tonal language of Antonín Dvořák, witness the last moments of Cleopatra in Hector Berlioz’s eponymous psychological drama (soloist: Stéphanie d'Oustrac), and Béla Bartók tells with brutal energy the sinister story of The Miraculous Mandarin. Plus a discovery: the inexorable progress of the passacaglia Mysterium času (Mystery of Time) by Miloslav Kabeláč.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤクブ・フルシャ

    ステファニー・ドゥストラック

    • ミロスラフ・カベラーチ
      大管弦楽のためのパッサカリア《時の神秘》

    • アントニン・ドヴォルザーク
      演奏会用序曲《オセロ》

    • エクトル・ベルリオーズ
      叙情的情景《クレオパトラの死》

      ステファニー・ドゥストラックメゾソプラノ

    • ベラ・バルトーク
      《中国の不思議な役人》組曲

    フルシャがドヴォルザーク、ベルリオーズ、バルトークを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヴォーカル・ヒーローズ:クリスマス・コンサート

    ヴォーカル・ヒーローズ:クリスマス・コンサート

    In this concert, music lovers of all ages and quiz masters are called for! As part of their Education Programme, the Berliner Philharmoniker start off the Christmas season with a concert entitled Merry QUIZmas! There is an exciting competition between two audience teams, music from the horns of the Berliner Philharmoniker, and lots of surprises. The Christmas quiz will be presented by the horn player Sarah Willis and the actor, singer and children’s television presenter Malte Arkona.

    •  

    ベルリン・フィルの管楽器奏者たち

    サラ・ウィリス, マルテ・アルコナ

    • 《Merry QUIZmas》

      サラ・ウィリスホルンおよび司会), マルテ・アルコナ司会

    ヴォーカル・ヒーローズ:クリスマス・コンサート コンサートの詳細を見る
  • ハーディングがF・P・ツィンマーマン、ゲルハーヘルと共演

    ハーディングがF・P・ツィンマーマン、ゲルハーヘルと共演

    Photo: Irene Zandel

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・ハーディング

    • グスタフ・マーラー
      Des Knaben Wunderhorn. Urlicht

    ハーディングがF・P・ツィンマーマン、ゲルハーヘルと共演 コンサートの詳細を見る
  • ジルベスター・コンサート2019でペトレンコとダムラウが共演

    ジルベスター・コンサート2019でペトレンコとダムラウが共演

    Photo: Stephan Rabold

    新首席指揮者のキリル・ペトレンコが初めてジルベスター・コンサートを指揮します。これまでベルリン・フィルとはドイツものやロシアものを中心に共演してきたペトレンコですが、大晦日のコンサートに選んだのはアメリカ音楽!有名なバーンスタインの《ウエスト・サイド・ストーリー》、ガーシュウィンの《パリのアメリカ人》のほか、フレデリック・ロウのミュージカルソングなどをスターソプラノ歌手、ディアナ・ダムラウと共演します。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ディアナ・ダムラウ

    • ジョージ・ガーシュウィン
      《パリのアメリカ人》

    • レナード・バーンスタイン
      《ウエスト・サイド・ストーリー》よりシンフォニック・ダンス

    • コール・ポーター、フレデリック・ロウ、クルト・ヴァイルの作品

      ディアナ・ダムラウソプラノ

    ジルベスター・コンサート2019でペトレンコとダムラウが共演 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコとバレンボイムがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

    ペトレンコとバレンボイムがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演

    Photo: Stephan Rabold

    Kirill Petrenko, the new man at the head of the Berliner Philharmoniker, encounters a decades-long friend of the orchestra: Daniel Barenboim. Together, they present Beethoven’s Piano Concerto No. 3, whose appeal lies in its self-assured showmanship and distinctive C Minor colouring. The music of Josef Suk, which has received far too little attention, is also a matter close to Kirill Petrenko’s heart. Here we hear his Second Symphony, an expressive work full of pain and sonority.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ダニエル・バレンボイム

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      ピアノ協奏曲第3番ハ短調

      ダニエル・バレンボイムピアノ

    • ヨーゼフ・スーク
      交響曲第2番ハ短調《アスラエル》

    ペトレンコとバレンボイムがベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番で共演 コンサートの詳細を見る
  • ブロムシュテットがブルックナーの交響曲第4番を指揮

    ブロムシュテットがブルックナーの交響曲第4番を指揮

    Photo: M. Lengemann

    A medieval city, a knight on horseback, and the sound of the forest were atmospheric inner images that Anton Bruckner said inspired him to create his Fourth Symphony. But the musical substance also makes it clear why the symphony was given the epithet Romantic. A luminous, mysterious sound world predominates, with a prominent role for the warm sound of the horns. The conductor of this performance is the major Bruckner interpreter Herbert Blomstedt.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヘルベルト・ブロムシュテット

    レイフ・オヴェ・アンスネス

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ピアノ協奏曲第22番変ホ長調

      レイフ・オヴェ・アンスネスピアノ

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第4番変ホ長調《ロマンティック》(第2稿1878/80年版)

    ブロムシュテットがブルックナーの交響曲第4番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがマーラーの交響曲第6番を指揮

    ペトレンコがマーラーの交響曲第6番を指揮

    Photo: Stephan Rabold

    For the first time, Kirill Petrenko presents himself with the Berliner Philharmoniker as an interpreter of Mahler. The Sixth Symphony is one of the composer’s most disturbing works, bringing together turmoil and idyll, triumph and catastrophe, nature, and life and death. It conveys a world panorama as well as an intimate insight into Mahler’s inner world. For as his widow Alma explained, “No work has flowed from his heart as directly as this”.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第6番

    ペトレンコがマーラーの交響曲第6番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • P・ヤルヴィがベルリオーズ《幻想交響曲》を指揮

    P・ヤルヴィがベルリオーズ《幻想交響曲》を指揮

    Photo: Julia Baier

    Romanticism was not only an epoch of sensibility, but also of radical concepts. No work shows this more clearly than Hector Berlioz’ Symphonie fantastique. It portrays a drug-induced frenzy, a murder of passion, an execution and a witch’s Sabbath. No less exciting is Berlioz’ sound world: excessive, glaring, brutal – and then again enchantingly graceful. Paavo Järvi also conducts the world premiere of a horn concerto by Hans Abrahamsen. The soloist is Stefan Dohr.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    パーヴォ・ヤルヴィ

    シュテファン・ドール

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      幻想的スケルツォ

    • ハンス・エブラハムセン
      ホルン協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団、NTR Zaterdag Matinee、シアトル交響楽団、オークランド・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品・初演)

      シュテファン・ドールホルン

    • エクトル・ベルリオーズ
      Symphonie fantastique, op. 14

    P・ヤルヴィがベルリオーズ《幻想交響曲》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮

    ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮

    Photo: Stephan Rabold

    The music of the 20th century is often considered inaccessible. Kirill Petrenko shows how wrong this prejudice is with three works written between 1940 and 1950 which differently convey sensuousness and energy. We experience rhythmic power in Stravinsky’s Symphony in Three Movements, the combination of innovation and Brazilian Flair in Zimmermann’s Alagoana and finally, the voluptuous melancholy of Rachmaninoff’s Symphonic Dances.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      3楽章の交響曲

    • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
      バレエ組曲《アラゴアーナ》(ブラジル風奇想曲)

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      交響的舞曲

    ペトレンコがストラヴィンスキー、ツィンマーマン、ラフマニノフを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ネゼ=セガンがマーラーの交響曲第3番を指揮

    ネゼ=セガンがマーラーの交響曲第3番を指揮

    Photo: Holger Hage

    Es sind elementare Botschaften der Natur – inklusive Erzählungen von Blumen und Tieren –, die Gustav Mahler in seiner Dritten Symphonie ausformuliert. Damit schuf er ein gigantisches Weltenpanorama, mit einem überwältigend schönen Hymnus als Gipfelpunkt. Interpreten dieser Aufführung sind Yannick Nézet-Seguin, designierter Leiter der New Yorker Met, und Elīna Garanča, die nicht nur »über stimmliche Schönheit verfügt, sondern auch jene undefinierbare Magie, die man Charisma nennt« (The Telegraph).

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヤニック・ネゼ=セガン

    エリナ・ガランチャ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第3番ニ短調

      エリナ・ガランチャメゾソプラノ), ベルリン放送合唱団女声合唱, ベルリン国立大聖堂児童合唱団

    ネゼ=セガンがマーラーの交響曲第3番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがR・シュトラウスとベートーヴェンを指揮

    ラトルがR・シュトラウスとベートーヴェンを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    In seinem Oboenkonzert gelang es Richard Strauss auf geradezu magische Weise, im Geiste Mozarts und Schuberts zu komponieren, ohne die eigene künstlerische Identität zu verleugnen. Simon Rattle interpretiert das Werk mit dem philharmonischen Solooboisten Jonathan Kelly. Danach präsentiert er Beethovens Oratorium Christus am Ölberge, das weniger geistliche Andacht als opernhafte Expressivität vermittelt, beispielsweise in einer sich dramatisch zuspitzenden Szene, die die Verhaftung Jesu schildert.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジョナサン・ケリー

    • リヒャルト・シュトラウス
      オーボエ協奏曲

      ジョナサン・ケリーオーボエ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      オラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》

      イヴォナ・ソボトカソプラノ), ベンヤミン・ブルンステノール), デイヴィッド・ ソアーバリトン), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    ラトルがR・シュトラウスとベートーヴェンを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがベリオとバルトークを指揮

    ラトルがベリオとバルトークを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    Simon Rattle dirigiert mit Bartóks Konzert für Orchester eines der eindrucksvollsten Werke des 20. Jahrhunderts. Der todkranke, vor den Nationalsozialisten in die USA geflohene Komponist gibt sich hier mal melancholisch, mal sarkastisch – um dann wieder, ganz überraschend, jugendliche Frische, Elan und Lebensfreude freizusetzen. Am Beginn des Abends steht Luciano Berios Sinfonia, die kreativ und unkonventionell mit Klängen, Geräuschen und Sprache spielt: ein geheimnisvolles musikalisches Labyrinth.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • ルチアーノ・ベリオ
      8声と管弦楽のための《シンフォニア》

      ノイエ・ヴォーカルゾリステン・シュトゥットガルト合唱

    • ベラ・バルトーク
      管弦楽のための協奏曲

    ラトルがベリオとバルトークを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがべートーヴェンの《フィデリオ》を指揮

    ペトレンコがべートーヴェンの《フィデリオ》を指揮

    Photo: Stephan Rabold

    Beethovens einzige Oper Fidelio ist ein Plädoyer für die Überwindung von Machtwillkür und Tyrannei – und eine Hymne auf die Liebe. Eindringlich reflektiert das Werk Beethovens lebenslange Devise »Freyheit über alles lieben; Wahrheit nie, (auch sogar am Throne nicht) verläugnen«. Kirill Petrenko dirigiert das Werk nach Aufführungen bei den Osterfestspielen Baden-Baden in der Philharmonie. In der Hauptrolle erleben wir Marlis Petersen, derzeit Artist in Residence der Berliner Philharmoniker.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    マルリス・ペーターゼン, マシュー・ポレンザーニ, ピーター・ローズ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《フィデリオ》(1814年改訂版による演奏会形式上演)

      マルリス・ペーターゼンソプラノ/レオノーレ), マシュー・ポレンザーニテノール/フロレスタン), ピーター・ローズバス/ロッコ), ハンナ=エリーザベト・ミューラーソプラノ/マルツェリーネ), パウル・シュヴァイネスターテノール/ヤキーノ), ヴォルフガング・コッホバリトン/ドン・ピツァロ), タレク・ナズミバス/ドン・フェルナンド), ステフェン・チェンバース, ダヴィッド・オストレク, ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    ペトレンコがべートーヴェンの《フィデリオ》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ユンゲ・ドイチェ・フィルがベートーヴェンを演奏

    ユンゲ・ドイチェ・フィルがベートーヴェンを演奏

    Photo: Selina Pfrüner

    •  

    ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団
    クリストフ・アルトシュテット

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》より第1楽章

    • ブレット・ディーン
      12のヴィオラのための音楽《テスタメント》

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》より第2楽章

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》より第3楽章

    • マーク・バーデン
      《BTHVN 2020》(ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品)

      アドリアン・ペレイラ電子ギター

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第3番変ホ長調《英雄》より第4楽章

    ユンゲ・ドイチェ・フィルがベートーヴェンを演奏 コンサートの詳細を見る
  • I ・フィッシャーがハイドンとリストを指揮

    I ・フィッシャーがハイドンとリストを指揮

    Photo: Akos Stiller

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    イヴァン・フィッシャー

    ダニエル・スタブラヴァ, ブリュノ・ドルプレール, シュテファン・シュヴァイゲルト

    • ヨーゼフ・ハイドン
      協奏交響曲変ロ長調

      ダニエル・スタブラヴァヴァイオリン), ブリュノ・ドルプレールチェロ), セルゲイ・ロマノフスキーオーボエ), シュテファン・シュヴァイゲルトファゴット

    • フランツ・リスト
      ファウスト交響曲(合唱なしの1854年初稿版)

    I ・フィッシャーがハイドンとリストを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサート2020はテルアビブから

    ヨーロッパ・コンサート2020はテルアビブから
    •  

    European Concert from Tel Aviv

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    クリスティアーネ・カルク, エリーザベト・クルマン, アミハイ・グロス

    • グスタフ・マーラー
      リュッケルト歌曲集

      クリスティアーネ・カルクソプラノ), エリーザベト・クルマンメゾソプラノ), アミハイ・グロスヴィオラ

    • マックス・ブルッフ
      《コル・ニドライ》

      クリスティアーネ・カルク, エリーザベト・クルマン, アミハイ・グロス

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第4番ト長調

      クリスティアーネ・カルクソプラノ), エリーザベト・クルマンメゾソプラノ), アミハイ・グロスヴィオラ

    ヨーロッパ・コンサート2020はテルアビブから コンサートの詳細を見る
  • スタブラヴァがモーツァルト、パヌフニク、シューベルトを共演

    スタブラヴァがモーツァルト、パヌフニク、シューベルトを共演

    Photo: Sebastian Hänel

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・スタブラヴァ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      ヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調

      ダニエル・スタブラヴァ

    • アンジェイ・パヌフニク
      ヴァイオリンと弦楽合奏のための協奏曲

      ダニエル・スタブラヴァ

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第5番変ロ長調

      ダニエル・スタブラヴァ

    スタブラヴァがモーツァルト、パヌフニク、シューベルトを共演 コンサートの詳細を見る
  • ソヒエフとパユがハチャトリアンのフルート協奏曲を共演

    ソヒエフとパユがハチャトリアンのフルート協奏曲を共演

    Photo: Marco Borggreve

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    トゥガン・ソヒエフ

    エマニュエル・パユ

    • アラム・ハチャトゥリアン
      フルート協奏曲(原曲はヴァイオリン協奏曲ニ短調。ジャン=ピエール・ランパルによる編曲版)

      エマニュエル・パユフルート

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《春の祭典》(1947年版)

    ソヒエフとパユがハチャトリアンのフルート協奏曲を共演 コンサートの詳細を見る
  • ヤンソンスがショスタコーヴィチとストラヴィンスキーを指揮

    ヤンソンスがショスタコーヴィチとストラヴィンスキーを指揮

    Photo: Martin Walz

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    マリス・ヤンソンス

    デニス・マツーエフ, ギヨーム・ジェル

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第9番変ホ長調

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      ピアノとトランペット、弦楽合奏のための協奏曲ハ短調

      デニス・マツーエフピアノ), ギヨーム・ジェルトランペット

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《火の鳥》組曲(1919年版)

    ヤンソンスがショスタコーヴィチとストラヴィンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    Photo: Mark Hanauer

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    アネット・フリッチュ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第2番ハ短調《復活》

      アネット・フリッチュソプラノ), アリサ・コロソヴァメゾソプラノ), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 第3回「レイト・ナイト」はドゥダメル指揮。テーマは「ラテンアメリカ」

    第3回「レイト・ナイト」はドゥダメル指揮。テーマは「ラテンアメリカ」

    Photo: Mark Hanauer

    •  

    Late Night at the Philharmonie

    ベルリン・フィル団員
    グスターボ・ドゥダメル

    • 「ラテンアメリカ・ナイト」

    • 曲目未定

    第3回「レイト・ナイト」はドゥダメル指揮。テーマは「ラテンアメリカ」 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメル指揮によるヴァルトビューネ・コンサートは「オリンピック・ナイト」

    ドゥダメル指揮によるヴァルトビューネ・コンサートは「オリンピック・ナイト」

    Photo: Holger Kettner

    Gustavo Dudamel, die Berliner Philharmoniker und die Waldbühne – das ist eine großartige Erfolgsgeschichte. Als 27-Jähriger gab der Venezolaner im Juni 2008 auf der Open-Air-Bühne mit einem spanisch-südamerikanischen Programm seinen philharmonischen Einstand. In dieser Saison leitet er bereits zum vierten Mal das Waldbühnenkonzert, das unter dem Motto Eine Olympische Nacht steht. Und eines ist sicher: Es wird ein weiterer Höhepunkt in der gemeinsamen Zusammenarbeit von Dirigent und Orchester sein.

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • 「オリンピック・ナイト」

    • 曲目未定

    ドゥダメル指揮によるヴァルトビューネ・コンサートは「オリンピック・ナイト」 コンサートの詳細を見る