ラトルが交響詩の傑作4作を一晩で演奏!

当演奏会では、サー・サイモン・ラトルがフランス、チェコ、オーストリア、イギリスの4人の作曲家による標題音楽を演奏しました。ドビュッシーの《牧神の午後への前奏曲》、ドヴォルザークの《黄金の紡ぎ車》、シェーンベルクの《浄夜》、エルガーの《エニグマ変奏曲》が音の絵画館のように並び、お国柄や音楽性の違いを堪能できるプログラムとなっています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

コンサート解説

© 2012 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー