ライブ中継

  • ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮

    ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    メンデルスゾーンは、スコットランドへの旅行からインスピレーションを得て、雰囲気豊かな交響曲第3番を作曲しました。それとまったく異なる意味でのプログラム性を持つのがショスタコーヴィチの交響曲第10番。スターリンの死後、初めて書かれたこの作品は、スターリン時代を想起させるような抑圧的でしばしばグロテスクな音楽が続きますが、最後は希望に満ちた楽章で締めくくられます。指揮はキリル・ペトレンコです。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第3番イ短調《スコットランド》

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第10番ホ短調

    ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    メンデルスゾーンは、スコットランドへの旅行からインスピレーションを得て、雰囲気豊かな交響曲第3番を作曲しました。それとまったく異なる意味でのプログラム性を持つのがショスタコーヴィチの交響曲第10番。スターリンの死後、初めて書かれたこの作品は、スターリン時代を想起させるような抑圧的でしばしばグロテスクな音楽が続きますが、最後は希望に満ちた楽章で締めくくられます。指揮はキリル・ペトレンコです。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第3番イ短調《スコットランド》

    • ディミトリ・ショスタコーヴィチ
      交響曲第10番ホ短調

    日本時間20時から: ペトレンコがメンデルスゾーンとショスタコーヴィチを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮

    Photo: Chris Christodoulou

    チャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》は、その5年前に初演された《エフゲニー・オネーギン》と同様、プーシキンの詩が元になっています。ピョートル1世の歴史的な出来事を背景に、ウクライナのコサック指導者の悲劇的な人生と愛を描いた作品です。今回のフィルハーモニーでの演奏会形式上演では、キリル・ペトレンコの指揮、さらにトップクラスの歌手たちのアンサンブルによる演奏にご期待ください。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ヴラジスラフ・スリムスキー, オルガ・ペレチャツコ, ディミトリー・イヴァシュシェンコ, ドミトリー・ウリヤノフ, オクサーナ・ヴォルコヴァ, ドミトリー・ゴロヴニン, アレクサンドル・クラヴェッツ, アントン・ロシツキー, ベルリン放送合唱団

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《マゼッパ》(演奏会形式上演)

      ヴラジスラフ・スリムスキーバリトン/マゼッパ), オルガ・ペレチャツコソプラノ/マリヤ), ディミトリー・イヴァシュシェンコバス/オルリク), ドミトリー・ウリヤノフバス/コチュベイ), オクサーナ・ヴォルコヴァソプラノ/コチュベイの妻), ドミトリー・ゴロヴニンテノール/アンドレイ), アレクサンドル・クラヴェッツテノール/酔っ払いのコサック), アントン・ロシツキーテノール/イスクラ), ベルリン放送合唱団

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮

    Photo: Chris Christodoulou

    チャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》は、その5年前に初演された《エフゲニー・オネーギン》と同様、プーシキンの詩が元になっています。ピョートル1世の歴史的な出来事を背景に、ウクライナのコサック指導者の悲劇的な人生と愛を描いた作品です。今回のフィルハーモニーでの演奏会形式上演では、キリル・ペトレンコの指揮、さらにトップクラスの歌手たちのアンサンブルによる演奏にご期待ください。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ヴラジスラフ・スリムスキー, オルガ・ペレチャツコ, ディミトリー・イヴァシュシェンコ, ドミトリー・ウリヤノフ, オクサーナ・ヴォルコヴァ, ドミトリー・ゴロヴニン, アレクサンドル・クラヴェッツ, アントン・ロシツキー, ベルリン放送合唱団

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《マゼッパ》(演奏会形式上演)

      ヴラジスラフ・スリムスキーバリトン/マゼッパ), オルガ・ペレチャツコソプラノ/マリヤ), ディミトリー・イヴァシュシェンコバス/オルリク), ドミトリー・ウリヤノフバス/コチュベイ), オクサーナ・ヴォルコヴァソプラノ/コチュベイの妻), ドミトリー・ゴロヴニンテノール/アンドレイ), アレクサンドル・クラヴェッツテノール/酔っ払いのコサック), アントン・ロシツキーテノール/イスクラ), ベルリン放送合唱団

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《マゼッパ》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮

    ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮

    Photo: Sheila Rock

    マーラーの交響曲の中でも、第4番はその繊細な透明感によって特別な位置を占めています。光に満ちた牧歌的な風景は、常に脅威にさらされているかのようです。「不気味に恐ろしいものを持つ高次の、私たちにとって異質な世界の快活さがそこにはある」とマーラーは語りました。指揮はセミヨン・ビシュコフ。ソリストのキリル・ゲルシュタインは、トーマス・ラルヒャーの新作のピアノ協奏曲を披露します。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    セミヨン・ビシュコフ

    キリル・ゲルシュタイン, チェン・ライス

    • トーマス・ラルヒャー
      ピアノ協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・コンツェルトハウス、オランダ公共放送、BBCラジオ3、デンマーク国立交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団共同委嘱作品)

      キリル・ゲルシュタインピアノ

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第4番ト長調

      チェン・ライスソプラノ

    ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮 コンサートの詳細を見る
  • クリスマス・コンサート《ジングル・バス・ロック》

    クリスマス・コンサート《ジングル・バス・ロック》

    Photo: Monika Rittershaus

    サラ・ウィリスの司会による恒例のクリスマス・コンサート《ジングル・バス・ロック》では、コントラバス、コントラバスーン、バスクラリネット、チューバ、トロンボーンといった普段あまり目立たないオーケストラの最低音の楽器にクローズアップします。ベルリン・フィルのメンバーによる楽しいコンサートをぜひご覧ください。

    •  

    ベルリン・フィル団員
    サラ・ウィリス

    • ブラームス、チャイコフスキー、ムソルグスキーの作品(ジョシュア・デイヴィス編曲)

    クリスマス・コンサート《ジングル・バス・ロック》 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮

    日本時間20時から: ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮

    Photo: Sheila Rock

    マーラーの交響曲の中でも、第4番はその繊細な透明感によって特別な位置を占めています。光に満ちた牧歌的な風景は、常に脅威にさらされているかのようです。「不気味に恐ろしいものを持つ高次の、私たちにとって異質な世界の快活さがそこにはある」とマーラーは語りました。指揮はセミヨン・ビシュコフ。ソリストのキリル・ゲルシュタインは、トーマス・ラルヒャーの新作のピアノ協奏曲を披露します。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    セミヨン・ビシュコフ

    キリル・ゲルシュタイン, チェン・ライス

    • トーマス・ラルヒャー
      ピアノ協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・コンツェルトハウス、オランダ公共放送、BBCラジオ3、デンマーク国立交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団共同委嘱作品)

      キリル・ゲルシュタイン

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第4番ト長調

      チェン・ライス

    日本時間20時から: ビシュコフがマーラー「第4」とラルヒャーの新作を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮

    ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮

    Photo: Marco Borggreve

    アンドリス・ネルソンスが20世紀に書かれた2つの作品を指揮します。ストラヴィンスキーの《春の祭典》は、当時の音楽界にセンセーションを巻き起こした作品ですが、その強烈なリズムが持つエネルギーは、聴き手をダイレクトに揺さぶります。もう1つは、ヴァインベルクのトランペット協奏曲。閃光のようなヴィルトゥオジティとアイロニーを持つこの作品では、スウェーデン出身のホーカン・ハーデンベルガーがソロを務めます。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アンドリス・ネルソンス

    ハーカン・ハーデンベルガー

    • Jüri Reinvere
      Maria Anna, wach, im Nebenzimmer Maria Anna, awake, in the next room), Nocturne for large orchestra

    • ミェチスワフ・ヴァインベルク
      トランペット協奏曲

      ハーカン・ハーデンベルガートランペット

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《春の祭典》

    ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮

    日本時間20時から: ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮

    Photo: Marco Borggreve

    アンドリス・ネルソンスが20世紀に書かれた2つの作品を指揮します。ストラヴィンスキーの《春の祭典》は、当時の音楽界にセンセーションを巻き起こした作品ですが、その強烈なリズムが持つエネルギーは、聴き手をダイレクトに揺さぶります。もう1つは、ヴァインベルクのトランペット協奏曲。閃光のようなヴィルトゥオジティとアイロニーを持つこの作品では、スウェーデン出身のホーカン・ハーデンベルガーがソロを務めます。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アンドリス・ネルソンス

    ハーカン・ハーデンベルガー

    • ミェチスワフ・ヴァインベルク
      トランペット協奏曲

      ハーカン・ハーデンベルガー

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《春の祭典》

    日本時間20時から: ネルソンスがストラヴィンスキーの《春の祭典》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • メータがマーラーの交響曲第3番を指揮

    メータがマーラーの交響曲第3番を指揮

    Photo: Alberto Conti

    マーラーの交響曲第3番は、この作曲家の交響曲の中でもっとも上演時間が長く、世界を包括するような壮大なスケールを持ちます。2008年に続いてこの作品を指揮するのはズービン・メータ。メータは、かつてマーラーのアシスタントを務めたブルーノ・ワルターからこの音楽の世界を紹介されています。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ズービン・メータ

    オッカ・フォン・デア・ダムラウ, ベルリン放送合唱団女声, ベルリン国立大聖堂児童合唱団

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第3番二短調

      オッカ・フォン・デア・ダムラウメゾソプラノ), ベルリン放送合唱団女声, ベルリン国立大聖堂児童合唱団

    メータがマーラーの交響曲第3番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: メータがマーラーの交響曲第3番を指揮

    日本時間20時から: メータがマーラーの交響曲第3番を指揮

    マーラーの交響曲第3番は、この作曲家の交響曲の中でもっとも上演時間が長く、世界を包括するような壮大なスケールを持ちます。2008年に続いてこの作品を指揮するのはズービン・メータ。メータは、かつてマーラーのアシスタントを務めたブルーノ・ワルターからこの音楽の世界を紹介されています。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ズービン・メータ

    オッカ・フォン・デア・ダムラウ, ベルリン放送合唱団女声, ベルリン国立大聖堂児童合唱団

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第3番二短調

      オッカ・フォン・デア・ダムラウ, ベルリン放送合唱団女声, ベルリン国立大聖堂児童合唱団

    日本時間20時から: メータがマーラーの交響曲第3番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演

    ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演

    Photo: Marco Borggreve

    2021年の大晦日を彩るジルベスター・コンサートは、一味違うウィーンの舞踏音楽がテーマです。シェークスピアの喜劇をウィーン風に彩るコルンゴルトの舞台音楽、カフェ文化を讃えたR・シュトラウスのバレエ《ホイップクリーム》、そしてウィーン風ワルツの変容したラヴェルの《ラ・ヴァルス》。もう一つのハイライトは、ジャニーヌ・ヤンセンがソロを弾くブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番です。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ジャニーヌ・ヤンセン

    • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
      付随音楽《から騒ぎ》序曲

    • マックス・ブルッフ
      ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調

      ジャニーヌ・ヤンセンヴァイオリン

    • リヒャルト・シュトラウス
      管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:お菓子屋さんの行進曲

    • リヒャルト・シュトラウス
      管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:ホイップクリームのワルツ

    • リヒャルト・シュトラウス
      管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:フィナーレ

    • フリッツ・クライスラー
      《愛の悲しみ》

      ジャニーヌ・ヤンセンヴァイオリン

    • モーリス・ラヴェル
      《ラ・ヴァルス》

    ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演

    日本時間20時から: ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演

    Photo: Marco Borggreve

    2021年の大晦日を彩るジルベスター・コンサートは、一味違うウィーンの舞踏音楽がテーマです。シェークスピアの喜劇をウィーン風に彩るコルンゴルトの舞台音楽、カフェ文化を讃えたR・シュトラウスのバレエ《ホイップクリーム》、そしてウィーン風ワルツの変容したラヴェルの《ラ・ヴァルス》。もう一つのハイライトは、ジャニーヌ・ヤンセンがソロを弾くブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番です。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ジャニーヌ・ヤンセン

    • エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト
      付随音楽《から騒ぎ》序曲

    • マックス・ブルッフ
      ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調

      ジャニーヌ・ヤンセン

    • リヒャルト・シュトラウス
      管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:お菓子屋さんの行進曲

    • リヒャルト・シュトラウス
      管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:ホイップクリームのワルツ

    • 管弦楽組曲《ホイップクリーム》より:フィナーレ

    • フリッツ・クライスラー
      《愛の悲しみ》

      ジャニーヌ・ヤンセン

    • モーリス・ラヴェル
      《ラ・ヴァルス》

    日本時間20時から: ジルベスター・コンサート2021でペトレンコとヤンセンが共演 コンサートの詳細を見る
  • バレンボイムがヴェルディを指揮

    バレンボイムがヴェルディを指揮

    Photo: Peter Adamik

    ダニエル・バレンボイムは、ヴェルディの数々の偉大なオペラを指揮してきました。今回のコンサートでは、当初は出版される予定のなかったこの作曲家の作品を取り上げることで、ヴェルディの内面の世界に誘います。1つは彼の唯一の弦楽四重奏曲のオーケストラ版で、ここではオペラのような生気、優雅さとメランコリーが融合しています。もう1曲は、混成合唱曲集の《聖歌四篇》です。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    ベルリン放送合唱団

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      《シチリアの晩鐘》序曲

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      弦楽四重奏曲ホ短調(弦楽合奏版)

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      《聖歌四篇》

      ベルリン放送合唱団

    バレンボイムがヴェルディを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディを指揮

    日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディを指揮

    Photo: Peter Adamik

    ダニエル・バレンボイムは、ヴェルディの数々の偉大なオペラを指揮してきました。今回のコンサートでは、当初は出版される予定のなかったこの作曲家の作品を取り上げることで、ヴェルディの内面の世界に誘います。1つは彼の唯一の弦楽四重奏曲のオーケストラ版で、ここではオペラのような生気、優雅さとメランコリーが融合しています。もう1曲は、混成合唱曲集の《聖歌四篇》です。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      《シチリアの晩鐘》序曲

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      弦楽四重奏曲ホ短調(弦楽合奏版)

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      《聖歌四篇》

      ベルリン放送合唱団

    日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会

    「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会

    Photo: Peter Adamik

    1972年、オーストリア国営放送はベルリン・フィルのチェロセクションを起用し、ユリウス・クレンゲル「12のチェロのための《讃歌》」のラジオ録音を行いました。これが今や屈指の人気を誇るアンサンブルの誕生の瞬間となりました。クラシックから現代作品、ジャズからタンゴまで幅広いレパートリーを持つ12人のチェリストたちは、半世紀にわたって世界中の聴衆を楽しませてきました。50周年の誕生日を祝うこのコンサートでは、彼らの代表的なレパートリーのほか、アンドリュー・ノーマンの新作も初演されます。

    •  

    ベルリン・フィルの12人のチェリストたち

    • アンドリュー・ノーマン
      財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品(初演)ほか

    「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: 「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会

    日本時間20時から: 「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会

    Photo: Peter Adamik

    1972年、オーストリア国営放送はベルリン・フィルのチェロセクションを起用し、ユリウス・クレンゲル「12のチェロのための《讃歌》」のラジオ録音を行いました。これが今や屈指の人気を誇るアンサンブルの誕生の瞬間となりました。クラシックから現代作品、ジャズからタンゴまで幅広いレパートリーを持つ12人のチェリストたちは、半世紀にわたって世界中の聴衆を楽しませてきました。50周年の誕生日を祝うこのコンサートでは、彼らの代表的なレパートリーのほか、アンドリュー・ノーマンの新作も初演されます。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルの12人のチェリストたち

    • アンドリュー・ノーマン
      財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品(初演)ほか

    日本時間20時から: 「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」記念演奏会 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮

    Photo: Victor Santiago

    チャイコフスキーの最後のオペラ《イオランタ》は、繊細でメルヘンのような作品です。ここでは盲目の王女が愛によって視力を取り戻すという、19世紀のオペラでは珍しいハッピーエンドが描かれています。チャイコフスキーはこの作品のために詩的な音楽を書きましたが、これは彼のフランス・オペラへの愛を物語るものともいえるでしょう。この不当に忘れられた名作をキリル・ペトレンコの指揮、ソーニャ・ヨンチェヴァがタイトルロールを務める公演でご体験ください。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ソーニャ・ヨンチェヴァ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《イオランタ》(演奏会形式上演)

      ソーニャ・ヨンチェヴァソプラノ/イオランタ), ミカ・カレスバス/ルネ王), リパリット・アヴェティシャンテノール/ヴォーデモン伯爵), イゴール・ゴロヴァテンコバリトン/ロベルト), ミヒャエル・クラウスバリトン/エブン=ハキア), オルガ・プドヴァソプラノ/ブリギッタ), ヴィクトリア・カルカシェヴァメゾソプラノ/ラウラ), マルガリータ​・ネクラソヴァアルト/マルタ), ドミートリー・イヴァンチェイテノール/アルメリック), ニコライ・ディデンコバリトン/ベルトラン), ベルリン放送合唱団

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮

    Photo: Victor Santiago

    チャイコフスキーの最後のオペラ《イオランタ》は、繊細でメルヘンのような作品です。ここでは盲目の王女が愛によって視力を取り戻すという、19世紀のオペラでは珍しいハッピーエンドが描かれています。チャイコフスキーはこの作品のために詩的な音楽を書きましたが、これは彼のフランス・オペラへの愛を物語るものともいえるでしょう。この不当に忘れられた名作をキリル・ペトレンコの指揮、ソーニャ・ヨンチェヴァがタイトルロールを務める公演でご体験ください。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ソーニャ・ヨンチェヴァ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《イオランタ》(演奏会形式上演)

      ソーニャ・ヨンチェヴァ, ミカ・カレス, リパリット・アヴェティシャン, イゴール・ゴロヴァテンコ, ミヒャエル・クラウス, オルガ・プドヴァ, ヴィクトリア・カルカシェヴァ, マルガリータ​・ネクラソヴァ, ドミートリー・イヴァンチェイ, ニコライ・ディデンコ, ベルリン放送合唱団

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《イオランタ》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮

    ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮

    Photo: Johannes Ifkovits

    オーケストラ作品で嵐が吹き荒れるのは、圧倒的なエネルギーとその後に安堵感が生まれる瞬間です。R・シュトラウスの《アルプス交響曲》とワーグナーの《ラインの黄金》からの抜粋で、フィリップ・ジョルダンはそのような場面を想定した力強い響きをもつ作品を指揮します。ベルクの「アルテンベルク歌曲集」でも、吹雪や雷雨を通して表現力が解き放たれます。独唱は、ワーグナーのレパートリーで世界的な成功を収めているアニヤ・カンペです。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    フィリップ・ジョルダン

    アニヤ・カンペ

    • リヒャルト・ワーグナー
      《ラインの黄金》より抜粋(フィリップ・ジョルダンの編纂による)

    • アルバン・ベルク
      アルテンベルク歌曲集

      アニヤ・カンペソプラノ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《アルプス交響曲》

    ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」

    コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」

    Photo: Marco Borggreve

    ヴァイオリニストのパトリシア・コパチンスカヤが「レイト・ナイト」に出演するということは、それだけで普段と違う夜になることが確約されたといってもいいでしょう。ベルリン・フィルのアーティスト・イン・レジデンスを務める彼女が、初めて作曲家として登場し、ヴァイオリンとクラリネットのためのデュオを披露します。さらに、ミヨーからリゲティまでの作品を集めたプログラムでは、現代の音楽の多様性が示されるでしょう。

    •  

    ベルリン・フィル団員

    パトリシア・コパチンスカヤ

    • ジョージ・ブレクト
      交響曲第3番

    • ポーリン・オリヴェロス
      《雲で歌う馬》

    • ジェルジ・リゲティ
      6つのバガテル

    • ダリウス・ミヨー
      《あそび》

      パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン

    • パトリシア・コパチンスカヤ
      ヴァイオリンとクラリネットのための二重奏曲

    • オットー=マテウス・ツィカン
      声とチェロ、もしくはヴィオラかクラリネットのための《ベートーヴェンの馬》

    • ジェルジ・リゲティ
      《マカーブルの謎》(エルガー・ハワースによる編曲版)

    コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮

    日本時間20時から: ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮

    Photo: Johannes Ifkovits

    オーケストラ作品で嵐が吹き荒れるのは、圧倒的なエネルギーとその後に安堵感が生まれる瞬間です。R・シュトラウスの《アルプス交響曲》とワーグナーの《ラインの黄金》からの抜粋で、フィリップ・ジョルダンはそのような場面を想定した力強い響きをもつ作品を指揮します。ベルクの「アルテンベルク歌曲集」でも、吹雪や雷雨を通して表現力が解き放たれます。独唱は、ワーグナーのレパートリーで世界的な成功を収めているアニヤ・カンペです。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    フィリップ・ジョルダン

    アニヤ・カンペ

    • リヒャルト・ワーグナー
      《ラインの黄金》より抜粋(フィリップ・ジョルダンの編纂による)

    • アルバン・ベルク
      アルテンベルク歌曲集

      アニヤ・カンペ

    • リヒャルト・シュトラウス
      《アルプス交響曲》

    日本時間20時から: ジョルダンがR・シュトラウスの《アルプス交響曲》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間22時半から: コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」

    日本時間22時半から: コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」

    Photo: Marco Borggreve

    ヴァイオリニストのパトリシア・コパチンスカヤが「レイト・ナイト」に出演するということは、それだけで普段と違う夜になることが確約されたといってもいいでしょう。ベルリン・フィルのアーティスト・イン・レジデンスを務める彼女が、初めて作曲家として登場し、ヴァイオリンとクラリネットのためのデュオを披露します。さらに、ミヨーからリゲティまでの作品を集めたプログラムでは、現代の音楽の多様性が示されるでしょう。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィル団員

    パトリシア・コパチンスカヤ

    • ジョージ・ブレクト
      交響曲第3番

    • ポーリン・オリヴェロス
      《雲で歌う馬》

    • ジェルジ・リゲティ
      6つのバガテル

    • ダリウス・ミヨー
      《あそび》

      パトリシア・コパチンスカヤヴァイオリン

    • パトリシア・コパチンスカヤ
      ヴァイオリンとクラリネットのための二重奏曲

    • オットー=マテウス・ツィカン
      声とチェロ、もしくはヴィオラかクラリネットのための《ベートーヴェンの馬》

    • ジェルジ・リゲティ
      《マカーブルの謎》(エルガー・ハワースによる編曲版)

    日本時間22時半から: コパチンスカヤによる「レイト・ナイト」 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮

    ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮

    交響曲の伝統を引き継ぐためには、自信と創造性が必要といえます。この公演では、キリル・ペトレンコがこの試みに挑んだ2人の作曲家を紹介します。ルトスワフスキの華麗なヴィルトゥオーゾ風の交響曲第1番、そしてブラームスが自ら「愛すべき怪物」と評した二面性を持つ交響曲第2番。コンサート冒頭を飾るのは、B・A・ツィンマーマンの《フォトプトシス》です。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
      大オーケストラのためのプレリュード《フォトプトシス》

    • ヴィトルト・ルトスワフスキ
      交響曲第1番

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第2番二長調

    ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮

    交響曲の伝統を引き継ぐためには、自信と創造性が必要といえます。この公演では、キリル・ペトレンコがこの試みに挑んだ2人の作曲家を紹介します。ルトスワフスキの華麗なヴィルトゥオーゾ風の交響曲第1番、そしてブラームスが自ら「愛すべき怪物」と評した二面性を持つ交響曲第2番。コンサート冒頭を飾るのは、B・A・ツィンマーマンの《フォトプトシス》です。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ベルント・アロイス・ツィンマーマン
      大オーケストラのためのプレリュード《フォトプトシス》

    • ヴィトルト・ルトスワフスキ
      交響曲第1番

    • ヨハネス・ブラームス
      交響曲第2番二長調

    日本時間20時から: ペトレンコがB・A・ツィンマーマン、ルトスワフスキ、ブラームスを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演

    ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演

    Photo: Nicolas Brodard

    キリル・ペトレンコにとって、ヨーゼフ・スークの音楽をより多くの人に聴いてもらうことは内面にかかわるテーマです。ここでは、後期ロマン派の響きと現代的な和声が融合した交響詩《人生の実り》をお聴きいただきます。スークの支援者の一人にブラームスがおり、彼のピアノ協奏曲第2番では荒々しい力強さと優しい情感がぶつかり合っています。ソリストは、ベルリン・フィルと長年のパートナーシップで結ばれているアンドラーシュ・シフです。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    アンドラーシュ・シフ, ベルリン放送合唱団女声

    • ヨハネス・ブラームス
      ピアノ協奏曲第2番変ロ長調

      アンドラーシュ・シフピアノ

    • ヨーゼフ・スーク
      管弦楽と女性合唱のための交響詩《人生の実り》

      ベルリン放送合唱団女声

    ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演

    日本時間20時から: ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演

    Photo: Nicolas Brodard

    キリル・ペトレンコにとって、ヨーゼフ・スークの音楽をより多くの人に聴いてもらうことは内面にかかわるテーマです。ここでは、後期ロマン派の響きと現代的な和声が融合した交響詩《人生の実り》をお聴きいただきます。スークの支援者の一人にブラームスがおり、彼のピアノ協奏曲第2番では荒々しい力強さと優しい情感がぶつかり合っています。ソリストは、ベルリン・フィルと長年のパートナーシップで結ばれているアンドラーシュ・シフです。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    アンドラーシュ・シフ, ベルリン放送合唱団女声

    • ヨハネス・ブラームス
      ピアノ協奏曲第2番変ロ長調

      アンドラーシュ・シフ

    • ヨーゼフ・スーク
      管弦楽と女性合唱のための交響詩《人生の実り》

      ベルリン放送合唱団女声

    日本時間20時から: ペトレンコとシフがブラームスのピアノ協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    Photo: Danny Clinch

    「なぜ生きてきたのか?」「なぜ苦しんできたのか?」。これはマーラーが交響曲第2番《復活》で扱った本質的な問いといえます。グロテスクなユーモアや切々とした独唱がある一方、合唱が加わる終楽章の音楽は圧倒的な表現力を持っています。グスターボ・ドゥダメルはこれまでベルリン・フィルと共演したマーラーの解釈で高い評価を得ており、今回の《復活》にも期待がかかります。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    ナディーン・シエラ, マリアンヌ・クレバッサ, ベルリン放送合唱団

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第2番ハ短調《復活》

      ナディーン・シエラソプラノ), マリアンヌ・クレバッサメゾソプラノ), ベルリン放送合唱団

    ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    日本時間20時から: ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮

    Photo: Danny Clinch

    「なぜ生きてきたのか?」「なぜ苦しんできたのか?」。これはマーラーが交響曲第2番《復活》で扱った本質的な問いといえます。グロテスクなユーモアや切々とした独唱がある一方、合唱が加わる終楽章の音楽は圧倒的な表現力を持っています。グスターボ・ドゥダメルはこれまでベルリン・フィルと共演したマーラーの解釈で高い評価を得ており、今回の《復活》にも期待がかかります。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    グスターボ・ドゥダメル

    • グスタフ・マーラー
      交響曲第2番ハ短調《復活》

    日本時間20時から: ドゥダメルがマーラーの交響曲第2番を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演

    ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演

    Photo: Marco Borggreve

    ストラヴィンスキーは前衛的な作曲家でしたが、同時に音楽史の遺産を強く意識していました。フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮の演奏会では、その両面を見せてくれます。謝肉祭の市の雰囲気と先見性のある音の表現を組み合わせた画期的なバレエ音楽《ペトルーシュカ》がある一方、この作曲家は管弦楽組曲〈ディヴェルティメント〉でチャイコフスキーのバレエにオマージュを捧げています。バッハのオーボエ・ダモーレ協奏曲は、ベルリン・フィルのソロ奏者、アルブレヒト・マイヤーとの共演でお聴きください。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    フランソワ=グザヴィエ・ロト

    アルブレヒト・マイヤー

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《妖精の接吻》より管弦楽組曲〈ディヴェルティメント〉

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調

      アルブレヒト・マイヤーオーボエ・ダモーレ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ペトルーシュカ》

    ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演

    日本時間20時から: ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演

    Photo: Marco Borggreve

    ストラヴィンスキーは前衛的な作曲家でしたが、同時に音楽史の遺産を強く意識していました。フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮の演奏会では、その両面を見せてくれます。謝肉祭の市の雰囲気と先見性のある音の表現を組み合わせた画期的なバレエ音楽《ペトルーシュカ》がある一方、この作曲家は管弦楽組曲〈ディヴェルティメント〉でチャイコフスキーのバレエにオマージュを捧げています。バッハのオーボエ・ダモーレ協奏曲は、ベルリン・フィルのソロ奏者、アルブレヒト・マイヤーとの共演でお聴きください。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    フランソワ=グザヴィエ・ロト

    アルブレヒト・マイヤー

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《妖精の接吻》より管弦楽組曲〈ディヴェルティメント〉

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調

      アルブレヒト・マイヤー

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ペトルーシュカ》

    日本時間20時から: ロトとオーボエのマイヤーがバッハの協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮

    バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮

    Photo: Peter Adamik

    ベルリン・フィルの初代首席指揮者であるハンス・フォン・ビューローは、ヴェルディのレクイエムについて「かなり下手な上演であっても、涙が出るほど感動する」と書いています。実際、この作品には宗教音楽としては珍しい、感情のほとばしりがあります。例えば、「怒りの日」は、世界の終わりの悲惨な状況を目の前にありありと提示します。指揮はベルリン・フィルの名誉指揮者ダニエル・バレンボイムです。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    エレナ・スティキナ, アニタ・ラチヴェリシュヴィリ, ファビオ・サルトーリ, ルネ・パーペ, ベルリン放送合唱団

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      レクイエム

      エレナ・スティキナソプラノ), アニタ・ラチヴェリシュヴィリメゾソプラノ), ファビオ・サルトーリテノール), ルネ・パーペバス), ベルリン放送合唱団

    バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮

    日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮

    Photo: Peter Adamik

    ベルリン・フィルの初代首席指揮者であるハンス・フォン・ビューローは、ヴェルディのレクイエムについて「かなり下手な上演であっても、涙が出るほど感動する」と書いています。実際、この作品には宗教音楽としては珍しい、感情のほとばしりがあります。例えば、「怒りの日」は、世界の終わりの悲惨な状況を目の前にありありと提示します。指揮はベルリン・フィルの名誉指揮者ダニエル・バレンボイムです。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ダニエル・バレンボイム

    エレナ・スティキナ, アニタ・ラチヴェリシュヴィリ, ファビオ・サルトーリ, ルネ・パーペ, ベルリン放送合唱団

    • ジュゼッペ・ヴェルディ
      レクイエム

      エレナ・スティキナ, アニタ・ラチヴェリシュヴィリ, ファビオ・サルトーリ, ルネ・パーペ, ベルリン放送合唱団

    日本時間20時から: バレンボイムがヴェルディのレクイエムを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮

    ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮

    Photo: Sim Canetty-Clarke

    ジョン・エリオット・ガーディナーとモンテヴェルディ合唱団が、ロマン派の代表的な2つの合唱作品を紹介します。この時代、宗教音楽は人々を啓発するためのものでした。ブラームスはドラマティックな《運命の歌》で、ヘルダーリンの諦念的な詩を楽観的な後奏曲で再解釈しています。一方、メンデルスゾーンの交響曲第2番は、美しい合唱曲、二重奏、アリアにあふれ、より良き世界につながる道を描きました。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・ジョン・エリオット・ガーディナー

    モンテヴェルディ合唱団, ルーシー・クロウ, アン・ハレンベリ, ヴェルナー・ギューラ

    • ヨハネス・ブラームス
      《運命の歌》

      モンテヴェルディ合唱団

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第2番変ロ長調《讃歌》

      ルーシー・クロウソプラノ), アン・ハレンベリメゾソプラノ), ヴェルナー・ギューラテノール), モンテヴェルディ合唱団

    ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮

    日本時間20時から: ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮

    Photo: Sim Canetty-Clarke

    ジョン・エリオット・ガーディナーとモンテヴェルディ合唱団が、ロマン派の代表的な2つの合唱作品を紹介します。この時代、宗教音楽は人々を啓発するためのものでした。ブラームスはドラマティックな《運命の歌》で、ヘルダーリンの諦念的な詩を楽観的な後奏曲で再解釈しています。一方、メンデルスゾーンの交響曲第2番は、美しい合唱曲、二重奏、アリアにあふれ、より良き世界につながる道を描きました。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・ジョン・エリオット・ガーディナー

    モンテヴェルディ合唱団, ルーシー・クロウ, アン・ハレンベリ, ヴェルナー・ギューラ

    • ヨハネス・ブラームス
      《運命の歌》

      モンテヴェルディ合唱団

    • フェリックス・メンデルスゾーン
      交響曲第2番変ロ長調《讃歌》

      ルーシー・クロウ, アン・ハレンベリ, ヴェルナー・ギューラ, モンテヴェルディ合唱団

    日本時間20時から: ガーディナーがブラームスとメンデルスゾーンを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    人の欲が往々にして不幸をもたらすということを、チャイコフスキーの《スペードの女王》ほど鮮やかに示したオペラはないでしょう。主人公のゲルマンは、賭博での成功だけを目指し、最後にはすべてを失ってしまいます。リーザは愛を求めますが、失望して自ら命を絶ち、さらに謎の伯爵夫人もいます。この暗い物語にチャイコフスキーが作曲した情熱的な音楽を、キリル・ペトレンコの指揮でお聴きいただきます。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《スペードの女王》(演奏会形式上演)

      アルセン・ソホモニアンテノール/ゲルマン), ヴラジスラフ・スリムスキーバリトン/トムスキー伯爵), ボリス・ピンハソヴィチバリトン/エレツキー公爵), ドリス・ソッフェルアルト/伯爵夫人), アスミク・グリゴリアンソプラノ/リーザ), アイグル・アフメトシナメゾソプラノ/ポリーナ), スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団

    ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    人の欲が往々にして不幸をもたらすということを、チャイコフスキーの《スペードの女王》ほど鮮やかに示したオペラはないでしょう。主人公のゲルマンは、賭博での成功だけを目指し、最後にはすべてを失ってしまいます。リーザは愛を求めますが、失望して自ら命を絶ち、さらに謎の伯爵夫人もいます。この暗い物語にチャイコフスキーが作曲した情熱的な音楽を、キリル・ペトレンコの指揮でお聴きいただきます。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
      歌劇《スペードの女王》(演奏会形式上演)

      アルセン・ソホモニアン, ヴラジスラフ・スリムスキー, ボリス・ピンハソヴィチ, ドリス・ソッフェル, アスミク・グリゴリアン, アイグル・アフメトシナ, スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団

    日本時間20時から: ペトレンコがチャイコフスキーのオペラ《スペードの女王》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから

    ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから

    Photo: Stephan Rabold

    R・シュトラウスが書いた交響詩《ドン・ファン》と《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》。2人の対照的な伝説上の英雄を描いたこれらの作品は、シュトラウス自身の華やかな自画像ともいえるでしょう。このほかキリル・ペトレンコは、ヤナーチェクが悲劇の英雄を題材にした狂詩曲《タラス・ブーリバ》も指揮します。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ジョアキーノ・ロッシーニ
      《セビリアの理髪師》序曲

    • レオシュ・ヤナーチェク
      管弦楽のための狂詩曲《タラス・ブーリバ》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》

    ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから コンサートの詳細を見る
  • ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから

    ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから

    Photo: Stephan Rabold

    R・シュトラウスが書いた交響詩《ドン・ファン》と《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》。2人の対照的な伝説上の英雄を描いたこれらの作品は、シュトラウス自身の華やかな自画像ともいえるでしょう。このほかキリル・ペトレンコは、ヤナーチェクが悲劇の英雄を題材にした狂詩曲《タラス・ブーリバ》も指揮します。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    • ジョアキーノ・ロッシーニ
      《セビリアの理髪師》序曲

    • レオシュ・ヤナーチェク
      管弦楽のための狂詩曲《タラス・ブーリバ》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ドン・ファン》

    • リヒャルト・シュトラウス
      《ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら》

    ヨーロッパ・コンサート2022はオデッサから コンサートの詳細を見る
  • マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演

    マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演

    Photo: Nikolaj Lund

    ポツダム・カンマーアカデミーの首席指揮者を務めるアントネッロ・マナコルダは、シューベルトの交響曲全集の録音などで数々の賞を受賞しています。ベルリン・フィル・デビューとなる今回の公演のプログラムに、マナコルダはシューベルトの《未完成》交響曲を選びました。もう一つのハイライトは、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルとのマーラー「リュッケルト歌曲集」です。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アントネッロ・マナコルダ

    クリスティアン・ゲルハーヘル

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《コリオラン》序曲ハ短調

    • グスタフ・マーラー
      リュッケルト歌曲集

      クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン

    • アルノルト・シェーンベルク
      室内交響曲第2番変ホ長調

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第7番ロ短調《未完成》

    マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演

    日本時間20時から: マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演

    Photo: Nikolaj Lund

    ポツダム・カンマーアカデミーの首席指揮者を務めるアントネッロ・マナコルダは、シューベルトの交響曲全集の録音などで数々の賞を受賞しています。ベルリン・フィル・デビューとなる今回の公演のプログラムに、マナコルダはシューベルトの《未完成》交響曲を選びました。もう一つのハイライトは、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルとのマーラー「リュッケルト歌曲集」です。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    アントネッロ・マナコルダ

    クリスティアン・ゲルハーヘル

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      《コリオラン》序曲ハ短調

    • グスタフ・マーラー
      リュッケルト歌曲集

      クリスティアン・ゲルハーヘル

    • アルノルト・シェーンベルク
      室内交響曲第2番変ホ長調

    • フランツ・シューベルト
      交響曲第7番ロ短調《未完成》

    日本時間20時から: マナコルダとゲルハーヘルがマーラーで共演 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演

    ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演

    Photo: Peter Adamik

    ベルリン・フィルのメンバーとともに、カラヤン・アカデミーの創設50周年を記念して公演を行います。その幕開けに指揮科奨学生の沖澤のどかが、モーツァルトの《リンツ》交響曲を指揮。またキリル・ペトレンコの指揮のもと、シン・ドンフンの新作と、ベートーヴェンの有名な交響曲第5番が演奏されます。ソリストは、アカデミー出身で、現在はベルリン・フィルのソロ・チェロ奏者を務めるブリュノ・ドルプレールです。

    •  

    ベルリン・フィル カラヤン・アカデミー

    沖澤のどか, キリル・ペトレンコ, ブリュノ・ドルプレール

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      交響曲第36番ハ長調《リンツ》

      沖澤のどか指揮

    • ドンフン・シン
      チェロと管弦楽のための作品(クラウディオ・アバド作曲賞委嘱作品)

      キリル・ペトレンコ指揮), ブリュノ・ドルプレールチェロ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第5番ハ短調

      キリル・ペトレンコ指揮

    ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演

    日本時間20時から: ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演

    Photo: Peter Adamik

    ベルリン・フィルのメンバーとともに、カラヤン・アカデミーの創設50周年を記念して公演を行います。その幕開けに指揮科奨学生の沖澤のどかが、モーツァルトの《リンツ》交響曲を指揮。またキリル・ペトレンコの指揮のもと、シン・ドンフンの新作と、ベートーヴェンの有名な交響曲第5番が演奏されます。ソリストは、アカデミー出身で、現在はベルリン・フィルのソロ・チェロ奏者を務めるブリュノ・ドルプレールです。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィル カラヤン・アカデミー

    沖澤のどか, キリル・ペトレンコ, ブリュノ・ドルプレール

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      交響曲第36番ハ長調《リンツ》

      沖澤のどか

    • ドンフン・シン
      チェロと管弦楽のための作品(クラウディオ・アバド作曲賞委嘱作品)

      キリル・ペトレンコ, ブリュノ・ドルプレール

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第5番ハ短調

      キリル・ペトレンコ

    日本時間20時から: ペトレンコ指揮によるカラヤン・アカデミー50周年記念公演 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮

    ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    サイモン・ラトルは、すでにベルリン・フィルの首席指揮者時代、ドヴォルザークの知られざる作品を定期的に紹介していました。今回お聴きいただくスケルツォ・カプリチオーソは、舞踏を思わせるドラマティックな作品です。ベルリン・フィルが初めて演奏する「アメリカ組曲」は、かの《新世界》交響曲と同時期に生まれました。また、シェーンベルクの弟子であるロベルト・ジェラールの音楽も、前衛性とスペイン的な響きが融合した興味深い作品となっています。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • ロベルト・ジェラール
      《ドン・キホーテ》より舞踏曲

    • ロベルト・ジェラール
      交響曲第3番《コラージュ》

    • アントニン・ドヴォルザーク
      スケルツォ・カプリチオーソ

    • アントニン・ドヴォルザーク
      管弦楽のための組曲《アメリカ》イ長調

    ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮

    日本時間20時から: ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    サイモン・ラトルは、すでにベルリン・フィルの首席指揮者時代、ドヴォルザークの知られざる作品を定期的に紹介していました。今回お聴きいただくスケルツォ・カプリチオーソは、舞踏を思わせるドラマティックな作品です。ベルリン・フィルが初めて演奏する「アメリカ組曲」は、かの《新世界》交響曲と同時期に生まれました。また、シェーンベルクの弟子であるロベルト・ジェラールの音楽も、前衛性とスペイン的な響きが融合した興味深い作品となっています。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • ロベルト・ジェラール
      《ドン・キホーテ》より舞踏曲

    • ロベルト・ジェラール
      交響曲第3番《コラージュ》

    • アントニン・ドヴォルザーク
      スケルツォ・カプリチオーソ

    • アントニン・ドヴォルザーク
      管弦楽のための組曲《アメリカ》イ長調

    日本時間20時から: ラトルがジェラールとドヴォルザークを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮

    ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    自らハイドン・フリークを自認するサイモン・ラトルは、これまでベルリン・フィルとも数多くの名演を披露してきました。今回指揮する交響曲第102番は、深みのある緩徐楽章が印象的な作品です。ストラヴィンスキーもラトルにとって重要な存在であり、彼自身が編纂した《ストラヴィンスキー・ジャーニー》でこの作曲家の知られざる一面を明らかにします。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    アンナ・ラプコウスカヤ

    • ヨーゼフ・ハイドン
      交響曲第102番変ロ長調

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ストラヴィンスキー・ジャーニー》(サー・サイモン・ラトルの編纂による)

      アンナ・ラプコウスカヤメゾソプラノ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《レクイエム・カンティクルズ》(抜粋)

      アンナ・ラプコウスカヤメゾソプラノ

    ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮による「レイト・ナイト」

    ラトル指揮による「レイト・ナイト」

    Photo: Monika Rittershaus

    サー・サイモン・ラトルは、かねてよりバッハの音楽に大きな愛情を寄せています。それは、ベルリン・フィルの首席指揮者を務めていた時代、バッハの受難曲の名演で幾度も証明されました。この作曲家のカンタータ作品に捧げられたこの「レイト・ナイト」では、バッハの音楽に理想的な明るく澄んだソプラノを持つアンナ・プロハスカ、カウンターテノールのルパート・エンティクナップ、バスのヤン・マルティニクとの共演でお聴きください。

    •  

    ベルリン・フィル団員
    サー・サイモン・ラトル

    アンナ・プロハスカ, ルパート・エンティクナップ, ヤン・マルティニク

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第8番《愛する神よ、われいつの日に死すや》

      アンナ・プロハスカソプラノ), ルパート・エンティクナップカウンターテノール), ヤン・マルティニクバス

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第84番《われはわが幸いに心満ちたり》

      アンナ・プロハスカソプラノ

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第105番《主よ、裁きたもうことなかれ》

      アンナ・プロハスカソプラノ), ルパート・エンティクナップカウンターテノール), ヤン・マルティニクバス

    ラトル指揮による「レイト・ナイト」 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮

    日本時間20時から: ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮

    Photo: Oliver Helbig

    自らハイドン・フリークを自認するサイモン・ラトルは、これまでベルリン・フィルとも数多くの名演を披露してきました。今回指揮する交響曲第102番は、深みのある緩徐楽章が印象的な作品です。ストラヴィンスキーもラトルにとって重要な存在であり、彼自身が編纂した《ストラヴィンスキー・ジャーニー》でこの作曲家の知られざる一面を明らかにします。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    アンナ・ラプコウスカヤ

    • ヨーゼフ・ハイドン
      交響曲第102番変ロ長調

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《ストラヴィンスキー・ジャーニー》(サー・サイモン・ラトルの編纂による)

      アンナ・ラプコウスカヤ

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      《レクイエム・カンティクルズ》(抜粋)

      アンナ・ラプコウスカヤ

    日本時間20時から: ラトルがハイドンとストラヴィンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間22時半から: ラトル指揮による「レイト・ナイト」

    日本時間22時半から: ラトル指揮による「レイト・ナイト」

    Photo: Monika Rittershaus

    ベルリン・フィルのオーケストラ・コンサートの後には、シーズン中に3回、特別なアンコールが用意されています。それは、ベルリン・フィルのメンバーや著名なゲスト、珍しいプログラムで構成される「レイト・ナイト」コンサートです。未知の音の世界に浸りたいという好奇心旺盛な方のためのコンサートシリーズをぜひご体験ください。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィル団員
    サー・サイモン・ラトル

    アンナ・プロハスカ, ルパート・エンティクナップ, ヤン・マルティニク

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第8番《愛する神よ、われいつの日に死すや》

      アンナ・プロハスカ, ルパート・エンティクナップ, ヤン・マルティニク

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第84番《われはわが幸いに心満ちたり》

      アンナ・プロハスカ

    • ヨハン・セバスティアン・バッハ
      カンタータ第105番《主よ、裁きたもうことなかれ》

      アンナ・プロハスカ, ルパート・エンティクナップ, ヤン・マルティニク

    日本時間22時半から: ラトル指揮による「レイト・ナイト」 コンサートの詳細を見る
  • ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

    ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

    Photo: Kaupo Kikkas

    パーヴォ・ヤルヴィ指揮の公演では、ベートーヴェンの交響曲第8番とシベリウスの交響曲第7番が取り上げられます。さらにエリッキ=スヴェン・トゥールのフルート協奏曲が、エマニュエル・パユの独奏により世界初演されます。エストニア出身で元ロックミュージシャンであるトゥールの音楽は、雰囲気豊かで、エネルギーにあふれています。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    パーヴォ・ヤルヴィ

    エマニュエル・パユ

    • ジャン・シベリウス
      交響曲第7番ハ長調

    • エリッキ=スヴェン・トゥール
      フルート協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ共同委嘱作品・初演)

      エマニュエル・パユフルート

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第8番ヘ長調

    ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

    日本時間20時から: ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演

    Photo: Kaupo Kikkas

    パーヴォ・ヤルヴィ指揮の公演では、ベートーヴェンの交響曲第8番とシベリウスの交響曲第7番が取り上げられます。さらにエリッキ=スヴェン・トゥールのフルート協奏曲が、エマニュエル・パユの独奏により世界初演されます。エストニア出身で元ロックミュージシャンであるトゥールの音楽は、雰囲気豊かで、エネルギーにあふれています。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    パーヴォ・ヤルヴィ

    エマニュエル・パユ

    • ジャン・シベリウス
      交響曲第7番ハ長調

    • エリッキ=スヴェン・トゥール
      フルート協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、チューリッヒ・トーンハレ共同委嘱作品・初演)

      エマニュエル・パユ

    • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
      交響曲第8番ヘ長調

    日本時間20時から: ヤルヴィとパユがトゥールの新作フルート協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮

    ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮

    Photo: Marco Borggreve

    ブルックナーは自分の交響曲を常に改訂していたことで知られますが、第6番は改訂の手が加えられることがなかった珍しい例です。不気味なスケルツォを持つこの型破りな作品を、作曲家は「小生意気な」と呼んでいたとも言われます。この公演でベルリン・フィル・デビューを飾るのが、フィンランド出身のヨン・ストルゴールズ。前半ではベルリン・フィルのソロ・コントラバス奏者マシュー・マクドナルドを独奏に迎えて、ジェラルド・バリーのコントラバス協奏曲が初演されます。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヨン・ストルゴールズ

    マシュー・マクドナルド

    • カール・ニールセン
      《ヘリオス》序曲

    • ジェラルド・バリー
      コントラバス協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品・初演)

      マシュー・マクドナルドコントラバス

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第6番イ長調

    ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮

    日本時間20時から: ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮

    Photo: Marco Borggreve

    ブルックナーは自分の交響曲を常に改訂していたことで知られますが、第6番は改訂の手が加えられることがなかった珍しい例です。不気味なスケルツォを持つこの型破りな作品を、作曲家は「小生意気な」と呼んでいたとも言われます。この公演でベルリン・フィル・デビューを飾るのが、フィンランド出身のヨン・ストルゴールズ。前半ではベルリン・フィルのソロ・コントラバス奏者マシュー・マクドナルドを独奏に迎えて、ジェラルド・バリーのコントラバス協奏曲が初演されます。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ヨン・ストルゴールズ

    マシュー・マクドナルド

    • カール・ニールセン
      《ヘリオス》序曲

    • ジェラルド・バリー
      コントラバス協奏曲(財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品・初演)

      マシュー・マクドナルド

    • アントン・ブルックナー
      交響曲第6番イ長調

    日本時間20時から: ストルゴールズがブルックナー「第6」を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮

    ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮

    Photo: Stephan Rabold

    「ロスト・ジェネレーション」をテーマにしたシーズンの一環として、キリル・ペトレンコがナチス時代に迫害を受けた3人のユダヤ人作曲家の作品を指揮します。シュールホフの交響曲第2番は、ジャズなどのスタイルを取り入れた書法で魅了します。コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーがソロを弾くのは、イタリア的な情熱に満ちたレオーネ・シニガーリャの2つの作品。締めくくりは、リーゼ・ダヴィドセンとクリスティアン・ゲルハーヘルを独唱に迎えたツェムリンスキーの《抒情交響曲》です。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ノア・ベンディックス=バルグリー, リーゼ・ダヴィドセン, クリスティアン・ゲルハーヘル

    • エルヴィン・シュールホフ
      交響曲第2番

    • レオーネ・シニガーリャ
      ヴァイオリンと管弦楽のための《ピエモンテ狂詩曲》

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン

    • レオーネ・シニガーリャ
      ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス

      ノア・ベンディックス=バルグリーヴァイオリン

    • アレクサンダー・ツェムリンスキー
      《抒情交響曲》

      リーゼ・ダヴィドセンソプラノ), クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン

    ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮

    日本時間20時から: ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮

    Photo: Stephan Rabold

    「ロスト・ジェネレーション」をテーマにしたシーズンの一環として、キリル・ペトレンコがナチス時代に迫害を受けた3人のユダヤ人作曲家の作品を指揮します。シュールホフの交響曲第2番は、ジャズなどのスタイルを取り入れた書法で魅了します。コンサートマスターのノア・ベンディックス=バルグリーがソロを弾くのは、イタリア的な情熱に満ちたレオーネ・シニガーリャの2つの作品。締めくくりは、リーゼ・ダヴィドセンとクリスティアン・ゲルハーヘルを独唱に迎えたツェムリンスキーの《抒情交響曲》です。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ノア・ベンディックス=バルグリー, リーゼ・ダヴィドセン, クリスティアン・ゲルハーヘル

    • エルヴィン・シュールホフ
      交響曲第2番

    • レオーネ・シニガーリャ
      ヴァイオリンと管弦楽のための《ピエモンテ狂詩曲》

      ノア・ベンディックス=バルグリー

    • レオーネ・シニガーリャ
      ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス

      ノア・ベンディックス=バルグリー

    • アレクサンダー・ツェムリンスキー
      《抒情交響曲》

      リーゼ・ダヴィドセン, クリスティアン・ゲルハーヘル

    日本時間20時から: ペトレンコがシュールホフ、シニガーリャ、ツェムリンスキーを指揮 コンサートの詳細を見る
  • オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演

    オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演

    Photo: Benjamin Ealovega

    サカリ・オラモ指揮の公演は、北欧の音楽がテーマになります。まずジャニーヌ・ヤンセンをソリストに迎えた、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。目を引くのが、デンマークの作曲家ルーズ・ランゴーの交響曲第1番でしょう。これは後期ロマン派の作風による上演稀少な作品で、1913年にベルリン・フィルによって初演されています。

    •  

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サカリ・オラモ

    ジャニーヌ・ヤンセン

    • ジャン・シベリウス
      ヴァイオリン協奏曲二短調

      ジャニーヌ・ヤンセンヴァイオリン

    • ルーズ・ランゴー
      交響曲第1番《岩礁の牧歌》

    オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • 日本時間20時から: オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演

    日本時間20時から: オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演

    Photo: Benjamin Ealovega

    サカリ・オラモ指揮の公演は、北欧の音楽がテーマになります。まずジャニーヌ・ヤンセンをソリストに迎えた、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。目を引くのが、デンマークの作曲家ルーズ・ランゴーの交響曲第1番でしょう。これは後期ロマン派の作風による上演稀少な作品で、1913年にベルリン・フィルによって初演されています。

    •  

    時間差再配信

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サカリ・オラモ

    ジャニーヌ・ヤンセン

    • ジャン・シベリウス
      ヴァイオリン協奏曲二短調

      ジャニーヌ・ヤンセン

    • ルーズ・ランゴー
      交響曲第1番《岩礁の牧歌》

    日本時間20時から: オラモとヤンセンがシベリウスのヴァイオリン協奏曲で共演 コンサートの詳細を見る
  • ペトレンコとトリフォノフがヴァルトビューネで共演

    ペトレンコとトリフォノフがヴァルトビューネで共演

    Photo: Dario Acosta

    ベルリン・フィルとキリル・ペトレンコは、ヴァルトビューネでのロシアプログラムでシーズンを締めくくります。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番には、スターピアニストのダニール・トリフォノフが登場。もう一つの大きな聴きものは、ムソルグスキーの代表作《展覧会の絵》です。

    •  

    ヴァルトビューネ・コンサート2022

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    キリル・ペトレンコ

    ダニール・トリフォノフ

    • アナトーリ・リャードフ
      《キキモラ》

    • セルゲイ・ラフマニノフ
      ピアノ協奏曲第2番ハ短調

      ダニール・トリフォノフピアノ

    • モデスト・ムソルグスキー
      組曲《展覧会の絵》(ラヴェル編曲)

    ペトレンコとトリフォノフがヴァルトビューネで共演 コンサートの詳細を見る