アーカイブ

演奏会が18本見つかりました: 8

  • ラトルが《パルジファル》を指揮

    ラトルが《パルジファル》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    サイモン・ラトルがベルリン・フィル首席指揮者としての最後のオペラ上演で選んだ曲目は、ワーグナーの《パルジファル》。かつてベルリン・フィルは、この深遠な「舞台神聖祝祭劇」をヘルベルト・フォン・カラヤンとザルツブルク・イースター音楽祭で演奏し、絶大な成功を収めています。ラトルはその輝かしい上演史において、カラヤンや前任者のクラウディオ・アバドと遜色のない、圧倒的な出来を示しました。この演奏会形式上演では、ニーナ・ステンメ(クンドリ)、ステュワート・スケルトン(パルジファル)という一流のキャストも揃っています。

    2018年4月8日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ステュアート・スケルトン, ニーナ・ステンメ, フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ, エフゲニー・ニキーチン, ラインハルト・ハーゲン, ジェラルド・フィンリー

    • リヒャルト・ワーグナー
      《パルジファル》第1幕(演奏会形式上演)

      ステュアート・スケルトンテノール/パルジファル), ニーナ・ステンメソプラノ/クンドリ), フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒバスバリトン/グルネマンツ), エフゲニー・ニキーチンバスバリトン/クリングゾル), ラインハルト・ハーゲンバス/ティトゥレル), ジェラルド・フィンリーバリトン/アムフォルタス), イヴォナ・ソボトカソプラノ/花の乙女), キアンドラ・ホワースソプラノ/花の乙女), エリザベス・ヤンソンメゾソプラノ/花の乙女), マリ・エリクスメンソプラノ/花の乙女), インゲボーク・ギレボメゾソプラノ/花の乙女), キスマラ・ペッサッティメゾソプラノ/花の乙女), ニール・クーパーテノール/小姓3、聖杯守護の騎士1), ギド・イェンチェンスバス/聖杯守護の騎士2), ユーリ・チオバヌテノール/小姓4), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    • リヒャルト・ワーグナー
      《パルジファル》第2幕(演奏会形式上演)

    • リヒャルト・ワーグナー
      《パルジファル》第3幕(演奏会形式上演)

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトル(聞き手:サラ・ウィリス)

    ラトルが《パルジファル》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》

    ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》

    Photo: Peter Adamik

    プッチーニの《トスカ》と言えば、かつてヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリン・フィルと上演し、絶大な成功を収めたオペラです。1979年に録音された全曲盤は、この作品のスタンダードとして広く知られています。今回は、サー・サイモン・ラトルが指揮。ローマの歌姫を演じるのは、ラトヴィアの人気ソプラノ、クリスティーネ・オポライスです。ベルリン・フィルが同曲を演奏するのは、1982、1988、1989年の上演に続き、実に28年ぶりとなります。

    2017年4月22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    クリスティーネ・オポライス, ステファノ・ラ・コッラ, エフゲニー・ニキーチン

    • ジャコモ・プッチーニ
      歌劇《トスカ》(演奏会形式上演)

      クリスティーネ・オポライスソプラノ/トスカ), ステファノ・ラ・コッラテノール/カヴァラドッシ), エフゲニー・ニキーチンバスバリトン/スカルピア), アレクサンダー・ツィムバリュクバス/アンジェロッティ), ピーター・タンチッツテノール/スポレッタ), ダグラス・ウィリアムズバス/シャッローネ), マウリツィオ・ムラロバス/堂守), ヴァルター・フィンクバス/看守), ジュゼッペ・マンテッロボーイソプラノ/牧童), ベルリン国立歌劇場児童合唱団, ヴィンツェンツ・ヴェイセンブルガー合唱指揮), ベルリン放送合唱団, デイヴィッド・ジョーンズ合唱指揮

    • 無料映像

      バーデン=バーデン・イースター音楽祭2017ライブ・ラウンジ

    ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《トスカ》 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮

    ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮

    サー・サイモン・ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮しました。作品のテーマは、「愛し合っていながら分かり合えない男女の愛の不条理」。オペラ史上においても、最も個性的で感動的な作品のひとつと言えるでしょう。ソリストはイスラエルのメゾソプラノ、リナート・シャハム(ユーディット)、ハンガリーのバス、ガボール・ブレッツ(青ひげ)が務めています。また前半には、オーストリアの作曲家HK・グルーバーの新作ピアノ協奏曲が、アマニュエル・アックスの独奏で演奏されています。

    2017年3月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エマニュエル・アックス, リナート・シャハム, ガボール・ブレッツ

    • HK・グルーバー
      ピアノ協奏曲(初演。財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団委嘱作品)

      エマニュエル・アックス

    • ベラ・バルトーク
      《青ひげ公の城》 (演奏会形式上演)

      リナート・シャハムユーディット), ガボール・ブレッツ青ひげ), ウルリヒ・ネーテン

    • 無料映像

      HK・グルーバー(聞き手:クヌート・ヴェーバー)

    ラトルがバルトークの《青ひげ公の城》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮、セラーズ演出によるリゲティ《ル・グラン・マカーブル》

    ラトル指揮、セラーズ演出によるリゲティ《ル・グラン・マカーブル》

    Photo: Monika Rittershaus

    リゲティの《ル・グラン・マカーブル》は、20世紀後半に書かれたオペラのなかでも、最も上演回数が多いだけでなく、真に楽しめる作品と言えるでしょう。その際、リゲティの書法は精緻さを極め、高度な音楽的要求とエンターテイメント性が見事に融合されています。サー・サイモン・ラトルは、ベルリン・フィルですでに抜粋を指揮していますが、全曲を取り上げるのは今回が初めて。ピーター・セラーズの演出は、突然やって来る「この世の終わり」を原発の爆発事故として解釈しています。

    2017年2月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • ジェルジ・リゲティ
      《ル・グラン・マカーブル》(1996年版/演奏会形式上演)

      パヴロ・フンカバスバリトン/デダルス), ピーター・ホアカウンターテナー/ゴーゴー侯爵), アンソニー・ロス・コスタンツォソプラノ/アマンダ), アンナ・プロハスカメゾソプラノ/アマンド), ロンニータ・ミラーソプラノ/メスカリーナ), ハイディ・メルトンバス/アストラダモルス), フルーデ・オルセンソプラノ/ヴィーナスとゲポポ), オードリー・ルーナバス/黒の大臣), ジョシュア・ブルームテノール/白の大臣), ピーター・タンチッツ, ベルリン放送合唱団合唱指揮), ギース・レーンナールス演出), ピーター・セラーズ

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトルとピーター・セラーズ、《ル・グラン・マカーブル》について語る

    ラトル指揮、セラーズ演出によるリゲティ《ル・グラン・マカーブル》 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演

    ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演

    2016年のバーデン=バーデン・イースター音楽祭で上演されたワーグナー《トリスタンとイゾルデ》が、ベルリンでもコンサート形式で取り上げられました。ラトルの指揮のもと、エヴァ=マリア・ウェストブレーク(イゾルデ)、ステュワート・スケルトン(トリスタン)が、両主役を担当。ラトルの演奏のなかでも、近年出色と評判の出来!ワーグナーの豊麗な響きをご堪能ください。

    2016年4月3日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    エヴァ=マリア・ウェストブレーク, ステュアート・スケルトン

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第1幕

      エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/イゾルデ), ステュアート・スケルトンテノール/トリスタン), サラ・ コノリーメゾソプラノ/ブランゲーネ), ミヒャエル・ノッジテノール/メロート), スティーヴン・ミリングバスバリトン/クルヴェナール), ローマン・サドニックテノール/メロート), ジーモン・シュトリッカーバリトン/舵取り), トーマス・エーベンシュタインテノール/船員、牧人), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第2幕

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《トリスタンとイゾルデ》(演奏会形式上演)第3幕

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトル、《トリスタンとイゾルデ》について語る

    ラトル指揮による《トリスタンとイゾルデ》演奏会形式上演 コンサートの詳細を見る
  • ラトルの指揮、セラーズの演出でドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》を上演

    ラトルの指揮、セラーズの演出でドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》を上演

    Photo: Monika Rittershaus

    サー・サイモン・ラトルがドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》をピーター・セラーズの演出で上演しました。フィルハーモニーの舞台にセットを加え、歌手たちには本格的な演技が付されています。主役を歌うのは、クリスティアン・ゲルハーヘルとマグダレーナ・コジェナー。嫉妬と猜疑心にさいなまれるゴローは、ジェラルド・フィンリーが演じています。彼らの演技は現代的心理劇といったところで、「愛の不条理」を鋭いタッチで描き出しています。

    2015年12月20日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    マグダレーナ・コジェナー, ベルナルダ・フィンク, クリスティアン・ゲルハーヘル, フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ, ジェラルド・フィンリー, エリアス・メードラー, ピーター・セラーズ

    • クロード・ドビュッシー
      歌劇《ペレアスとメリザンド》(セミ・ステージ形式上演)

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/メリザンド), ベルナルダ・フィンクコントラルト/ジュヌヴィエーヴ), クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン/ペレアス), フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒバスバリトン/アルケル), ジェラルド・フィンリーバスバリトン/ゴロー), エリアス・メードラーボーイソプラノ/イニョルド), イェルク・シュナイダーバス/医師), ザシャ・グリンテンカンプバスバリトン/牧童), ベルリン放送合唱団, ニコラス・フィンク合唱指揮), ピーター・セラーズ演出

    • 無料映像

      ピーター・セラーズ(聞き手:サラ・ウィリス)

    ラトルの指揮、セラーズの演出でドビュッシーの《ペレアスとメリザンド》を上演 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮

    ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮

    Photo: Monika Rittershaus

    サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが、ベルリオーズの《ファウストの劫罰》を上演しました。作曲家自身がテキストを書き、シェークスピア的な手法で登場人物の情熱と奇怪さに焦点を当てて完成させた大作を、メゾソプラノのジョイス・ディドナート(マルグリート)、テノールのチャールズ・カストロノーヴァ(ファウスト)らのソリストによる理想的な布陣でお楽しみいただけます。ディドナートは、今回が待望のベルリン・フィル・デビュー。華やかで知性に溢れた歌いぶりに、陶然とさせられます。

    2015年4月11日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ジョイス・ディドナート, フローリアン・ベッシュ, チャールズ・カストロノーヴォ, リュドヴィク・テジエ

    • エクトル・ベルリオーズ
      《ファウストの劫罰》

      ジョイス・ディドナートメゾソプラノ/マルグリート), フローリアン・ベッシュバス), チャールズ・カストロノーヴォテノール/ファウスト), リュドヴィク・テジエバス/メフィストフェレス), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー

    • 無料映像

      ジョイス・ディドナート(聞き手:トビアス・メラー)

    ラトルがベルリオーズの《ファウストの劫罰》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《マノン・レスコー》!

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Manon-Philharmonie-DCH.jpg

    サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルがプッチーニのオペラ《マノン・レスコー》を演奏会形式で上演しました。この直前に行われたバーデン・バーデンのイースター音楽祭との同プロダクションで、マノン・レスコー役のエヴァ=マリア・ウェストブレーク、デ・グリュー役のマッシモ・ジョルダーノほか、強力な顔ぶれによるプッチーニをどうぞお楽しみください。

    2014年4月26日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    マッシモ・ジョルダーノ, エヴァ=マリア・ウェストブレーク, レスター・リンチ, ボグダン・ミハイ

    • ジャコモ・プッチーニ
      歌劇《マノン・レスコー》(演奏会形式上演)

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン/レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモント), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮

    • ジャコモ・プッチーニ
      歌劇《マノン・レスコー》(演奏会形式上演)

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン/レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモント), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮

    ラトル指揮、演奏会形式上演によるプッチーニの《マノン・レスコー》! コンサートの詳細を見る
  • バーデン=バーデン・イースター音楽祭の《マノン・レスコー》

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Manon-BB-DCH.jpg

    Photo: Monika Rittershaus

    バーデン=バーデン・イースター音楽祭の《マノン・レスコー》が、デジタル・コンサートホールで中継されました。サー・サイモン・ラトルにとっては最初のプッチーニ。ベルリン・フィルがこの作曲家を演奏するのは、約25年ぶりのことでした。演出は、英国のサー・リチャード・アイルが担当しています。主役は、オランダのソプラノ、エヴァ=マリア・ウェストブレークです。

    2014年4月16日
    バーデン=バーデン祝祭劇場

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    マッシモ・ジョルダーノ, エヴァ=マリア・ウェストブレーク

    • ジャコモ・プッチーニ
      《マノン・レスコー》Act I

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

    • ジャコモ・プッチーニ
      《マノン・レスコー》Act II

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

    • ジャコモ・プッチーニ
      《マノン・レスコー》Akt III

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

    • ジャコモ・プッチーニ
      《マノン・レスコー》Akt IV

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

    • 無料映像

      バーデン=バーデン・イースター音楽祭2014ライブ・ラウンジ

    バーデン=バーデン・イースター音楽祭の《マノン・レスコー》 コンサートの詳細を見る
  • 2012/13シーズンのハイライト!豪華歌手陣による《魔笛》演奏会形式上演

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Zauberfloete-DCH.jpg

    2013年3月にバーデンバーデン・イースター音楽祭で上演されたモーツァルトの《魔笛》が、演奏会形式の形でフィルハーモニーで上演されました。サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィル、そして国際的に著名なソリストによる今回の公演は、オペラ・ファンのみならず、2012/2013年シーズンのハイライトの一つと呼べるものです。

    2013年4月7日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ディミトリー・イヴァシュシェンコ, ケイト・ロイヤル, ミヒャエル・ノッジ, パヴォル・ブレスリク

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      歌劇《魔笛》(演奏会形式上演)第1幕

      ディミトリー・イヴァシュシェンコバリトン/ザラストロ), ジョゼ・ファン・ダムバリトン/弁者), アンドレアス・シャーガーテノール/第1の僧侶), ジョナサン・レマルバスバリトン/第2の僧侶), アナ・ドゥルロフスキソプラノ/夜の女王), ケイト・ロイヤルソプラノ/パミーナ), アニック・マシスソプラノ/第1の侍女), マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/第2の侍女), ナタリー・シュトゥッツマンアルト/第3の侍女), レグラ・ミューレマンソプラノ/パパゲーナ), ミヒャエル・ノッジバリトン/パパゲーノ), パヴォル・ブレスリクテノール/タミーノ), ジェイムズ・エリオットテノール/モノスタトス), ベンジャミン・ヒューレットテノール/第1の武者), ダーヴィット・イェルサレムバスバリトン/第2の武者), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      歌劇《魔笛》(演奏会形式上演)第2幕

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトルによる解説

    2012/13シーズンのハイライト!豪華歌手陣による《魔笛》演奏会形式上演 コンサートの詳細を見る
  • バーデン=バーデン・イースター音楽祭《魔笛》(カーセン演出)

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/ZF-BB-DCH.jpg

    ベルリン・フィルの第1回バーデン=バーデン・イースター音楽祭(2013年)は、サー・サイモン・ラトル指揮、ロバート・カーセン演出の《魔笛》で開幕しました。これによって、ザルツブルクに代わる新天地バーデン=バーデンでの、新しい時代がスタートしました。

    2013年4月1日
    バーデン=バーデン・イースター音楽祭2013

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ディミトリー・イヴァシュシェンコ, パヴォル・ブレスリク, ケイト・ロイヤル, ミヒャエル・ノッジ

    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
      歌劇《魔笛》

      ディミトリー・イヴァシュシェンコバスバリトン/ザラストロ), パヴォル・ブレスリクテノール/タミーノ), ジョゼ・ファン・ダムバリトン/弁者), アンドレアス・シャーガーテノール/第1の僧侶), ジョナサン・レマルバス/第2の僧侶), アナ・ドゥルロフスキソプラノ/夜の女王), ケイト・ロイヤルソプラノ/パミーナ), アニック・マシスソプラノ/第1の侍女), マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/第2の侍女), ナタリー・シュトゥッツマンアルト/第3の侍女), レグラ・ミューレマンソプラノ/パパゲーナ), ミヒャエル・ノッジバリトン/パパゲーノ), ジェイムズ・エリオットテノール/モノスタトス), ベンジャミン・ヒューレットテノール/第1の武者), ダーヴィット・イェルサレムバスバリトン/第2の武者), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮), ロバート・カーセン演出), ペトラ・ラインハルト, マイケル・レヴァイン, ピーター・ヴァン・プレート

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトルによる解説

    • 無料映像

      ロバート・カーセンによる解説

    • 無料映像

      制作の舞台裏(ドキュメンタリー)

    バーデン=バーデン・イースター音楽祭《魔笛》(カーセン演出) コンサートの詳細を見る
  • ラトルがガーシュウィンの《ポギーとベス》を指揮!主演はホワイトとムーア

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Porgy-DCH.jpg

    2012年のベルリン・ムジークフェストのテーマは「アメリカ音楽」ですが、そのハイライトがガーシュウィンのオペラ《ボギーとベス》の演奏会形式上演でした。サー・サイモン・ラトルは、それまでにもガーシュウィンを頻繫に取り上げてきましたが、《ボギーとベス》の全曲を上演するのはこの時が初めて。ボギー役には、この役を得意とするサー・ウィラード・ホワイト、ベス役にはミーシャ・ブルガーゴーズマンのキャンセルを受け、ラトニア・ムーアが迎えられています。

    2012年9月17日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    サー・ウィラード・ホワイト, ラトニア・ムーア

    • ジョージ・ガーシュウィン
      歌劇《ポギーとベス》(演奏会形式上演)

      サー・ウィラード・ホワイトバス・バリトン/ポーギー), アンドレア・ベイカーソプラノ/セレーナ), ハワード・ハスキンテノール/スポーティン・ライフ), ラトニア・ムーアソプラノ/ベス), ジョン・フルトンテノール/ロビンズ), レスター・リンチバリトン/クラウン), エンジェル・ブルーソプラノ/クララ), ロドニー・クラークバリトン/ジェイク), マイケル・レディングバリトン/ジム), ティチナ・ヴォーンメゾソプラノ/マリア), ネーション・コーラス「ケープタウン・オペラ・ヴォイス」キャットフィッシュ・ロウ), アルバート・ホーン合唱指揮

    • 無料映像

      ラトル&ホワイト(聞き手:サラ・ウィリス)

    • 無料映像

      メイキング・オブ《ボギーとベス》

    ラトルがガーシュウィンの《ポギーとベス》を指揮!主演はホワイトとムーア コンサートの詳細を見る
  • ラトルが《ワルキューレ》を演奏会形式で指揮。欧州の名ワーグナー歌手が集結

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Walkuere-DCH_2.jpg

    2012年5月はシーズン終幕のハイライトが続きましたが、この演奏会形式の《ワルキューレ》もそのひとつと言えるでしょう。ラトルとベルリン・フィルのパワフルでゴージャスなサウンドで聴くワーグナー。これ以上誘惑的なプログラムがあるでしょうか。エクサン・プロヴァンス、ザルツブルクでも上演された演目ですが、今回はキャストの大半が変わり、ヘルリツィウス、エルスナー、ステンスヴォルド等欧州で注目を集めている歌手が勢ぞろいしました。

    2012年5月27日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    クリスティアン・エルスナー, テリエ・ステンスヴォルド, エヴァ=マリア・ウェストブレーク, エヴェリン・ヘルリツィウス

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ワルキューレ》第1幕(演奏会形式上演)

      クリスティアン・エルスナーテノール), ミハイル・ペトレンコバス), テリエ・ステンスヴォルドバス/ヴォータン), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ), エヴェリン・ヘルリツィウスソプラノ), リッリ・パーシキヴィメゾソプラノ), スーザン・フォスターソプラノ/ヘルムヴィーゲ), ヨアンナ・ポラツコヴァソプラノ/ゲルヒルデ), アンナ・ガーブラーソプラノ/オルトリンデ), ジュリーアン・ヤングメゾソプラノ/ヴァルトラウテ), ハイケ・グレッツィンガーメゾソプラノ/ジークルーネ), アネッテ・ボードメゾソプラノ/ロスヴァイセ), エーファ・フォーゲルメゾソプラノ), アンドレア・ベイカーソプラノ

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ワルキューレ》第2幕(演奏会形式上演)

      クリスティアン・エルスナーテノール), ミハイル・ペトレンコバス), テリエ・ステンスヴォルドバス/ヴォータン), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ), エヴェリン・ヘルリツィウスソプラノ), リッリ・パーシキヴィメゾソプラノ), スーザン・フォスターソプラノ/ヘルムヴィーゲ), ヨアンナ・ポラツコヴァソプラノ/ゲルヒルデ), アンナ・ガーブラーソプラノ/オルトリンデ), ジュリーアン・ヤングメゾソプラノ/ヴァルトラウテ), ハイケ・グレッツィンガーメゾソプラノ/ジークルーネ), アネッテ・ボードメゾソプラノ/ロスヴァイセ), エーファ・フォーゲルメゾソプラノ), アンドレア・ベイカーソプラノ

    • リヒャルト・ワーグナー
      楽劇《ワルキューレ》第3幕(演奏会形式上演)

      クリスティアン・エルスナーテノール/ジークムント), ミハイル・ペトレンコバス/フンディング), テリエ・ステンスヴォルドバス/ヴォータン), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/ジークリンデ), エヴェリン・ヘルリツィウスソプラノ/ブリュンヒルデ), リッリ・パーシキヴィメゾソプラノ/フリッカ), スーザン・フォスターソプラノ/ヘルムヴィーゲ), ヨアンナ・ポラツコヴァソプラノ/ゲルヒルデ), アンナ・ガーブラーソプラノ/オルトリンデ), ジュリーアン・ヤングメゾソプラノ/ヴァルトラウテ), ハイケ・グレッツィンガーメゾソプラノ/ジークルーネ), アネッテ・ボードメゾソプラノ/ロスヴァイセ), エーファ・フォーゲルメゾソプラノ/グリムゲルデ), アンドレア・ベイカーメゾソプラノ/シュヴェルトライテ

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトルによる作品解説(その1)

    • 無料映像

      サー・サイモン・ラトルによる作品解説(その2)

    ラトルが《ワルキューレ》を演奏会形式で指揮。欧州の名ワーグナー歌手が集結 コンサートの詳細を見る
  • ラトルの《サロメ》全曲

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/110401-Salome-NEU.jpg

    2011年のザルツブルク・イースター音楽祭では、リヒャルト・シュトラウスの《サロメ》がサー・サイモン・ラトルの指揮で演奏されましたが、その前にベルリンでも2回、演奏会形式で取り上げられました。ラトルにとっては、70年代にカラヤンが同じくザルツブルクで取り上げ、大成功を収めた作品だけに、力の入るところです。

    2011年3月28日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    スティーグ・アナーセン, ハンナ・シュヴァルツ, エミリー・マギー, イエン・パターソン, パヴォル・ブレスリク

    • リヒャルト・シュトラウス
      楽劇《サロメ》(演奏会形式上演)

      スティーグ・アナーセンテノール/ヘロデス), ハンナ・シュヴァルツメゾソプラノ/ヘロディアス), エミリー・マギーソプラノ/サロメ), イエン・パターソンバスバリトン/ヨハナーン), パヴォル・ブレスリクテノール/ナラボート), リナート・シャハムメゾソプラノ/小姓), ブルクハルト・ウルリヒテノール/第1のユダヤ人), ベルンハルト・ベルヒトルトテノール/第2のユダヤ人), ティモシー・ロビンソンテノール/第3のユダヤ人), マルセル・ベークマンテノール/第4のユダヤ人), リヒャルト・ヴィーゴルトバス/第5のユダヤ人), ラインハルト・ハーゲンバス/第1のナザレ人), アンドレ・シューエンバスバリトン/第2のナザレ人・カッパドキア人), ガボール・ブレッツバス/第1の兵士), ヴィルヘルム・シュヴィングハンマーバス/第2の兵士

    ラトルの《サロメ》全曲 コンサートの詳細を見る
  • ブーレーズがストラヴィンスキーの歌劇《ナイチンゲール》を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Bilder-Saison2010-11.jpg

    ピエール・ブーレーズが客演し、ストラヴィンスキーの歌劇《ナイチンゲール》を指揮しました。前半では、自作であるフルートとライブ・エレクトロニクス、2つのフルートとアンサンブルのための《…爆発-固定…》を振っていますが、これはストラヴィンスキーへの追憶として書かれた作品です。フルートのエマニュエル・パユとソプラノのバーバラ・ハニガンがソロを務めています。

    2010年9月18日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ピエール・ブーレーズ

    エマニュエル・パユ, バーバラ・ハニガン

    • ピエール・ブーレーズ
      《…爆発-固定…》 フルートとライブ・エレクトロニクス、2つのフルートとアンサンブルのための

      エマニュエル・パユフルート), マリオン・ラランクールフルート), ソフィ・シェリエフルート), IRCAM団員ライブ・エレクトロニクス

    • イゴール・ストラヴィンスキー
      歌劇《ナイチンゲール》

      バーバラ・ハニガンソプラノ/ナイチンゲール), シュテファニー・ヴァイスメゾソプラノ/料理女), ユリア・ファイレンボーゲンメゾソプラノ/死), エドガラス・モントヴィダステノール/漁師), ローマン・トレーケルバリトン/中国の皇帝), ゲオルク・ツェッペンフェルトバス/召使), ピーター・ローズバス/僧), ヤン・レンマーステノール/日本の使節), ヴォルフラム・テスマーバリトン/日本の使節), ベルリン放送合唱団宮廷の人々), サイモン・ハルシー合唱指揮

    • 無料映像

      ピエール・ブーレーズ(聞き手:エマニュエル・パユ)

    ブーレーズがストラヴィンスキーの歌劇《ナイチンゲール》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがワーグナー《神々のたそがれ》全曲を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/Still0323_00022b.jpg

    サー・サイモン・ラトル&ベルリン・フィルによるエクサン=プロヴァンス音楽祭の《神々のたそがれ》です。現在DVDで未発売の貴重な映像。4年間にわたってステファヌ・ブラウンシュヴァイクの演出で上演された《ニーベルングの指輪》の完結編となります。

    2009年7月3日
    エクサン=プロヴァンス音楽祭

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    ベン・ヘップナー, カタリーナ・ダライマン, アンネ・ソフィー・フォン・オッター

    • リヒャルト・ワーグナー
      ワーグナー 楽劇《神々のたそがれ》第1幕

      ベン・ヘップナージークフリート), ゲルト・グロホウスキグンター), デイル・デュージングアルベリヒ), ミハイル・ペトレンコバス), カタリーナ・ダライマンブリュンヒルデ), エマ・ヴェッターグートルーネ), アンネ・ソフィー・フォン・オッターメゾソプラノ), マリア・ラードナー第1のノルン), リッリ・パーシキヴィメゾソプラノ), ミランダ・キーズ第3のノルン), アンナ・シミンスカヴォークリンデ), エーファ・フォーゲルヴェルグンデ), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮), ティバール・ヴァンクレーネンブレック衣装), マリオン・ヒューレット照明), シュテファン・ブラウンシュヴァイク舞台監督&セットデザイン

    • リヒャルト・ワーグナー
      ワーグナー 楽劇《神々のたそがれ》第2幕

    • リヒャルト・ワーグナー
      ワーグナー 楽劇《神々のたそがれ》第3幕

    ラトルがワーグナー《神々のたそがれ》全曲を指揮 コンサートの詳細を見る
  • アーノンクールがハイドンの歌劇《騎士オルランド》を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/BPhil_Orlando_DCH.jpg

    ニコラウス・アーノンクールがハイドンの珍しい歌劇《騎士オルランド》を指揮して、ドラマティックな演奏を聴かせています。物語は、アンジェリカ姫に横恋慕するオルランドが、嫉妬のあまり狂気に至り、剣を振り回すというもの。アーノンクールは手兵コンツェントゥス・ムジクスとこの作品を録音していますが、ベルリン・フィルとの共演も大変興味深い内容になっています。

    2009年3月22日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    ニコラウス・アーノンクール

    • ヨーゼフ・ハイドン
      歌劇《騎士オルランド》

      ジェーン・アーチボルドアンジェリカ), モイツァ・エルトマンエウリッラ), ミシェル・ブリートアルチーナ), カート・ストレイトオルランド), ジェイムズ・テイラーメドーロ), マルクス・シェーファーパスクワーレ), ポール・オニールリコーネ), ジョナサン・レマルロドモンテ), マルクス・ブッターカロンテ

    • 無料映像

      ニコラウス・アーノンクール、《騎士オルランド》について語る

    アーノンクールがハイドンの歌劇《騎士オルランド》を指揮 コンサートの詳細を見る
  • ラトルがラヴェルの《マ・メール・ロワ》と《子供と魔法》を指揮

    //www.digitalconcerthall.com/cms/thumbnails/440x293/images/concert/080927-SSR.jpg

    サイモン・ラトルがオール・ラヴェルのコンサートで、聴き手をファンタジーあふれる魔法の世界へとご招待します。バレエ《マ・メール・ロワ》全曲、そしてチャーミングな1幕のオペラ《子供と魔法》です。後者では、マグダレーナ・コジェナーが主役を担っています。

    2008年9月27日

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
    サー・サイモン・ラトル

    • モーリス・ラヴェル
      バレエ《マ・メール・ロワ》全曲

    • モーリス・ラヴェル
      歌劇《子供と魔法》全曲

      マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ), アニック・マシスソプラノ), モイツァ・エルトマンソプラノ), ソフィ・コッシュメゾソプラノ), ナタリー・シュトゥッツマンアルト), ジャン=ポール・フシェクールテノール), フランソワ・ル・ルーバリトン), ジョゼ・ファン・ダムバリトン), ベルリン放送合唱団, サイモン・ハルシー合唱指揮

    ラトルがラヴェルの《マ・メール・ロワ》と《子供と魔法》を指揮 コンサートの詳細を見る